【ご当地ときめきランチ】 豆乳たっぷりの湯波刺しを使ったトロトロ湯波丼

[休暇村日光湯元] トロトロ湯波丼 ご昼食

小さい画像をクリックすると拡大表示します。また拡大表示された写真をクリックすると、さらに大きな画像でご覧いただけます。
ご利用期間 2016年4月11日~2017年3月31日
料金 1,200円 (1名様あたり)
※料金は消費税込み価格です。
チェックイン 11時30分~13時30分

泊数

0泊

予約受付締切

ご利用日1日前の24時まで

ポイント

お食事会場

食事会場無し

お食事会場の特徴

和室10畳禁煙

広さ

10畳

ご予約可能人数

1・2・3・4・5・6・7・8・9・10名

お食事

朝食なし・夕食なし
食事無し

お食事内容

日光名物 トロトロ「湯波丼」をレストランにてご用意。
※レストラン営業時間 
平日(12:00~13:00)  休日・土日・祝日(11:30~13:30)

■日光名物「湯波」
たっぷちの豆乳を使用して作られたトロトロのさしみ湯波です。
精進料理のひとつとして古来中国より伝わりました。日光では日光開山の祈りに修験者達によって持ち込まれ、江戸時代には二社一寺へのお供え物としても収められました。日光では「湯波」、京都では「湯葉」と字が異なりますが、最後の仕上げに若干の違いがあり、日光の湯波は幾重にも折り曲げて1枚にするので、厚みがあり、しわが多いことから「波」と書くのだといわれています。

■日光目物 「たまり漬け」
味噌の製造過程で精算される副産物「たまり」。この「たまり」に醤油などを加えた調味液で種々の野菜を漬けこんだ栃木県地方独特の漬物です。

■日光名物 「志そ巻きとうがらし」
日光修験者が体を温める耐寒食として愛用したことから起こったと言われ、日光東照宮造営以後は日光詣りのお礼にそえる「日光みやげ」として食されています。

プラン説明

たっぷりの豆乳を使用して作られたトロトロのさしみ湯波にいくらと甘辛のとろみ餡をかけた[湯波丼」をご賞味いただけます。
メイン、箸休めとも栃木・日光の食材にこだわりました。
いくらの塩気が湯波の甘みを一層引き立てます。

■料 金■
1食 1,200円

※レストラン営業時間 
平日(12:00~13:00)  休日・土日・祝日(11:30~13:30)

名様のご利用   [1名様あたりの料金]  

○ : 余裕あり( 3 室以上) △ : 1~2室 × : 空室なし  -  :  設定なし

カレンダーの○・△印をクリックすると、先へお進みいただけます。

 

2017年3月

 

     
  • 1

-

  • 2

-

  • 3

-

  • 4

-

  • 5

-

  • 6

-

  • 7

-

  • 8

-

  • 9

-

  • 10

-

  • 11

-

  • 12

-

  • 13

-

  • 14

-

  • 15

-

  • 16

-

  • 17

-

  • 18

-

  • 19

-

  • 20

-

  • 21

-

  • 22

-

  • 23

-

  • 24

-

  • 25

1,200円

  • 26

1,200円

  • 27

1,200円

  • 28

1,200円

  • 29

1,200円

  • 30

1,200円

  • 31

1,200円

 
子供料金

予約は受け付けておりません。

料金特記

なし

キャンセル既定

30名様以上のお取消しにつきましては、別規定になります。お問い合わせください。

無断不泊 宿泊料金の50%
0日前 宿泊料金の50%
1日~7日前 宿泊料金の20%