その他

2017.05.27

森の住人「アカテガニ」

森の住人「アカテガニ」
休暇村で毎朝実施している「朝のお散歩会」。
ここ南淡路の園地では、この時期になると赤色の、たくさんのカニと出会います。垂直の壁もへっちゃらで、何十段もある石の階段を横歩きしながら平気で乗り越えます。

カニの名前は「アカテガニ」。水気のある湿った場所に生息するのですが、暑くなり、私たちが衣替えを始めたころ、永い冬眠から目覚めます。
お散歩会では、このカニが大人気!。歩き始めてすぐのガレ場にはたくさんの巣穴があり、お客様と会話をしながら歩いていると巣穴からカニが出てきます。
一家をまもる勇敢なお父さんの蟹でしょうか。ひとまわり大きな蟹が、警戒した様子で巣穴の入口まで出てきます。そしてお決まりのポーズ、両手のはさみを持ち上げる威嚇のポーズをとると、散歩会に参加しているお子様たちはうれしくてその場から離れなくなるほどです。

これから、アカテガ二はますます活発になり、天気の良い日の早朝にはハルゼミの合唱も聞こえてきます。
朝のお散歩会は、毎朝7:00から。
皆さん、『朝のお散歩会』で「アカテガニ」に出会えるお散歩を楽しみましょう♪          

          レストラン 南


★☆☆ 販売開始! 本場 淡路の夏の味覚 『鱧料理』 ☆☆★
伝統の延縄漁で丁寧に漁獲される美しい姿、肉厚で柔らかな食感としっかりした味が他に類を見ないことから「別品」と称される「べっぴん鱧」を、島の伝統料理「鱧すき鍋」他、天麩羅、湯引き、茶碗蒸しなど、鱧尽くしで存分にお楽しみいただけるプランをご用意しております。ぜひご利用ください♪


PAGE TOP