休暇村から日帰り圏内に百名山が三座

裏磐梯の百名山を制覇しよう

裏磐梯の百名山を制覇しよう

裏磐梯の大自然
裏磐梯は、東北地方福島県北部にある磐梯山、安達太良山、吾妻山に囲まれた標高約800メートルにあります。明治21年(1888年)に会津磐梯山が噴火して生まれたのが磐梯高原です。 磐梯朝日国立公園に指定されている裏磐梯は、夏は涼しく冬は雪がたくさん降り、季節ごとに魅力がたくさんあります。アウトドア・インドアどちらでも楽しめるのが裏磐梯!

百名山三座

安達太良山
1700m

「ほんとの空」
東北道から眺めるたおやかな山体と、サービスエリアの名称にもなっている柔らかな山名。
そしてこの山を有名にしたのは高村光太郎の「知恵子抄」に詠まれた「阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空が 智恵子のほんとの空だという」という一文でしょう。

登山口 夏山シーズンはあだたらスキー場からゴンドラを利用した登山が一般的である。
一方で、猪苗代側には、大きな火口をもち激しい火山の一面も持つ。
日本百名山
花の百名山

磐梯山
1816m

標高1816m。日本百名山に数えられる会津を代表する名峰。JRや磐越道の猪苗代側から見られる優美な「表磐梯」と、1888年の大噴火によって起こった山体崩壊の激しい傷跡を残す「裏磐梯」では大きく表情が異なる。
周囲をさえぎるものがない独立峰なので、頂上からの景色は360°見事です

登山口 ・八方台登山口(所要2時間 距離3.5km 標高差620m)
・猪苗代登山口(所要3時間30分 距離5.5km 標高差1100m)
・翁島登山口(猪苗代リゾートスキー場 所要3時間 距離3km 標高差1000m)
・裏磐梯登山口(中ノ湯跡経由 所要3時間10分 距離6km 標高差900m
日本百名山

吾妻山連峰
2035m

吾妻連峰は、山形県と福島県の県境に沿って東西に伸びる山塊。百名山にも選ばれている最高峰西吾妻山は原生林に湿原や池塘が点在する。秋の紅葉のシーズンが美しい。



登山口 吾妻連峰の最高峰西吾妻山経は登山リフトを利用すると、手軽に登ることができる。残念ながら、山頂は樹林帯の中で展望はない。
・福島県側
グランデコスキー
距離6km・5時間・獲得標高1175m
・山形県側
天元台スキー場
日本百名山
PAGE TOP