ふれあい写真教室2018

休暇村の写真教室の魅力

楽しい旅の思い出は、キレイな写真に残したい。「旅の達人・写真の達人」があなたの旅ゴコロ・写真ゴコロを満たします。

写真教室のご案内

    募集人員:各回最大25名(最少催行人員は教室により異なります)
    講師:日本旅行写真家協会会員 ⇒講師紹介
  • ・添乗員が同行します。
  • ・参加費には、宿泊・食事代、講師料、バス代、入館料等、消費税、入湯税(温泉マークの休暇村のみ)が含まれます。
  • ・お1人様1室でご宿泊の場合は、料金が1,000円アップとなります。
  • ・参加費に保険代は含まれません。国内旅行傷害保険等の加入をお奨めします。
  • ・最少催行人員(教室により異なる)に達しない場合は中止となります。その場合、14日前までにご連絡させて頂きます。
  • ・天候や道路状況により撮影場所や時間は変更になる場合がございます。
  • ・詳しい旅行内容及び旅行条件を記載した書面(パンフレット)を送付しますので、事前によくご確認ください。
  • ご参加の方には、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社よりプリント用紙「画彩」を進呈します。
ご予約について
電話予約は6ヶ月前の同日午前9:00から、インターネット予約は6ヶ月前の翌日午前0:00から受け付けています。
Q会員様へ
写真教室でのポイント加算は、1泊につき400ポイントとなります。ポイント割引はご利用頂けませんので、予めご了承ください。
  • 旅行企画・実施:一般財団法人休暇村協会 東京都知事登録旅行業第2-4968号
  • (一社)全国旅行業協会会員 〒110-8601 東京都台東区東上野5-1-5 日新上野ビル5階

写真教室開催スケジュール

日本三大夜桜「高田城の夜桜」と妙高の桜・春の風物詩「カタクリ」を撮る

休暇村妙高

【日時】
平成30年4月9日(月)~平成30年4月11日(水) 2泊3日 6食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):2回
【お一人様】
44,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し 1、2階8畳利用は2,000円引き
【講師】
庄子 利男川名 廣義
【最少催行人員】
15名
【国内旅行業務取扱管理者】
鈴木 智代

【詳細】

4,000本のソメイヨシノが3,000個の提灯に照らされ幻想的な日本三大夜桜のひとつ「高田城観桜会」をはじめ春の風物詩「カタクリの小路」・残雪の残る雄大な山々・妙高を代表する景勝地など冬から春に移り変わる風景が撮影頂けます。

【日程】

【1日目】
13:30集合 → 会議室で自己紹介・作品講評会 → 16:00チェックイン → 17:00夕食 → 18:27発シャトルバス乗車 「高田公園の夜桜」を撮影 → 21:30頃休暇村着
【2日目】
5:30早朝撮影「園地内自由撮影」 → 7:15各自朝食 → 斐太歴史の里「カタクリの撮影」 → 昼食 → 「矢代川沿いの桜」の撮影 → 「経塚山公園の桜」の撮影 → 「斐太南小学校の桜」の撮影 → 16:00休暇村着 → 17:00夕食 → 18:00休暇村発 → 18:30「松ヶ峰周辺の夜桜」の撮影 → 20:30休暇村着
【3日目】
5:30早朝撮影「園地内自由撮影」 → 7:15各自朝食 → 8:30休暇村発 → 8:50「いもり池」の撮影 → 10:00「苗名滝」の撮影 → 11:00苗名滝発 → 11:30休暇村着 → 昼食→13:00解散

残雪の乗鞍岳と水芭蕉・雪解けの上高地

休暇村乗鞍高原

【日時】
平成30年5月22日(火)~5月24日(木) 2泊3日 5食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):1回
【お一人様】
42,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し 
【講師】
菅田 隆雄山口 勝廣
【最少催行人員】
15名
【国内旅行業務取扱管理者】
斉藤 輝

【詳細】

牛留池と乗鞍岳(牛留池に映る乗鞍岳)、一の瀬園地の水芭蕉(時期が終わっていればスモモ)、上高地のニリンソウ、残雪の雄大な北アルプスをお楽しみ頂けます。

【日程】

【1日目】
14:00松本駅アルプス口集合 → 15:30休暇村着(牛留池撮影) → 夕食後、持参作品講評会
【2日目】
朝焼けの撮影、一の瀬園地(自由参加) → 9:00休暇村発 → 10:00上高地(大正池) → 大正池からバスターミナルまで移動しながら撮影 → 各自昼食(弁当) → 16:00上高地発 → 17:30休暇村帰着、夕食後夜景(星空)撮影
【3日目】
8:30休暇村発 → 一の瀬園地 → 11:30一の瀬園地 発 → 自由昼食 → 13:30頃 休暇村発 → 15:00 松本駅アルプス口解散

新緑の奥大山と蒜山~美しき水の流れを切り取る~

休暇村蒜山高原

【日時】
平成30年6月5日(火)~6月7日(木) 2泊3日 5食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):1回
【お一人様】
28,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し 
【講師】
森本 勝義出澤 達男
【最少催行人員】
10名
【国内旅行業務取扱管理者】
平体 直也

【詳細】

新緑のブナ林とサントリーのCMで使われた木谷沢渓流等、若々しい緑と水の流れを撮影。

【日程】

【1日目】
15:00チェックイン → 16:00持参作品講評会 → 18:00夕食 → 20:00星空撮影会
【2日目】
7:00朝食 → 8:00出発 → 9:00不動滝 → 12:00休暇村蒜山高 → 昼食 → 13:30鬼女台 → 14:00木谷沢渓流・奥大山ブナのトンネル・御机の茅葺小屋 → 17:00休暇村蒜山高原戻り → 20:00星空撮影会
【3日目】
6:00早朝の蒜山高原撮影会 → 7:30朝食 → 10:00 チェックアウト

あじさいとうさぎたち

休暇村大久野島

【日時】
平成30年6月12日(火)~6月14日(木) 2泊3日 5食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):1回
【お一人様】
39,500円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し 
【講師】
森本 勝義サトウ ミキ
【最少催行人員】
15名
【国内旅行業務取扱管理者】
鈴木 貴士

【詳細】

撮影前にきちんと講義をうけて、翌日の撮影に備える初心者にも安心の撮影会です。 あじさいが彩る季節、うさぎたちに出会える大久野島を撮影。

【日程】

【1日目】
13:00休暇村大久野島集合・オリエンテーション → 15:00~16:00 翌日の撮影ポイント 解説 持ち込み写真の講評 島内で夕陽撮影 → 夕食 → 20:30星空、夜景の撮影
【2日目】
朝食 → 港まで徒歩。忠海に渡り、呉へ移動。 → 大和ミュージアム 見学後周辺を撮影 → 16:30大久野島へ、港より1時間散策(ウサギやアジサイと撮って休暇村へ) → 18:50夕陽撮影
【3日目】
朝食 → 前日の撮影反省会。毒ガス資料館を見て解散(12:00)

南アルプスの山並みと明知鉄道を撮る

休暇村茶臼山高原

【日時】
平成30年7月9日(月)~7月11日(水) 2泊3日 5食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):1回
【お一人様】
37,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し
【講師】
伊東 浩庄子 利男
【最少催行人員】
12名
【国内旅行業務取扱管理者】
滝沢 博人

【詳細】

茶臼山周辺の大自然の撮影を満喫できる撮影ツアーです。渓流に咲くツツジに南アルプスの展望。ローカル線で有名な明知鉄道の撮影もあります。※公共の交通機関でお越しの方はJR飯田線東栄駅12:31着、お帰りは東栄駅発14:35発にあわせて送迎バスを出しております。

【日程】

【1日目】
13:30休暇村集合 → 各自昼食 → 14:20会議室にてオリエンテーション → 15:30持ち込み写真の講評会 → 18:00夕食 → 夕食後星空の撮影
【2日目】
朝日の撮影(有志) → 7:30朝食 → 9:00休暇村発 南アルプスの展望 渓流に咲くツツジの撮影 → お弁当の昼食 → 午後から岩村、明知鉄道の撮影 → 17:00帰村 → 17:30夕食 → 19:00ホタル撮影へ出発 → 21:30帰村
【3日目】
朝日の撮影(有志) → 7:30朝食 → 9:00会議室にて撮影の反省会 終了後解散 (12:00)

夏の能登 暮しの文化と風景を撮る

休暇村能登千里浜

【日時】
平成30年7月18日(水)~7月20日(金) 2泊3日 5食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):1回
【お一人様】
48,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室は2,000円増し
【講師】
立木 寛彦富田 皋生
【最少催行人員】
15名
【国内旅行業務取扱管理者】
宮本 寛之

【詳細】

能登の風景や昔ながらの集落を巡り、撮影するツアーです。休暇村周辺の千里浜海岸をはじめ、能登の景勝地である能登金剛・巌門、白米千枚田、輪島の朝市風景。また、能登の暮らしの風景として、「間垣」で囲まれた集落、上大沢地区や、板張りの外壁に黒い屋根瓦が特徴的な集落「輪島市黒島地区」を巡ります。

【日程】

【1日目】
14:00休暇村集合 → 休暇村にチェックイン → 14:15出発 → 能登金剛・厳門周辺 → 千里浜海岸 → 18:30休暇村到着オリエンテーション → 19:00夕食 → 夕食後、写真講習会
【2日目】
朝食後8:30出発 → 輪島朝市 → 白米千枚田 → 車中で弁当の昼食 → 上大沢地区 → 黒島地区 → 休暇村到着 → 17:30夕食 → 18:30日本海夕陽を撮影(希望者)
【3日目】
4:50早朝の日本海撮影日の出(自由参加) → 7:15~朝食 → 9:00休暇村出発 → なぎさドライブウェイ → 羽咋駅解散(11:00)

四万ブルーと滝を撮る旅。新月の星空にもチャレンジ

休暇村嬬恋鹿沢

【日時】
平成30年9月9日(日)~9月11日(火) 2泊3日 5食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):1回
【お一人様】
42,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し 1、2階8畳利用は2,000円引き
【講師】
川名 廣義立木 寛彦
【最少催行人員】
15名
【国内旅行業務取扱管理者】
森合 啓一

【詳細】

奥四万湖、シャクナゲの滝、甌穴など水の情景を撮影、夜は新月の星空の撮影を楽しむ。雨天で星空が撮影できないときはデジタルデータの基本講義を行います。

【日程】

【1日目】
13:30集合 → 会議室で自己紹介後 持参作品講評会 → 16:00チェックイン → 夕食 → 20:00園地で星空撮影(2H)
【2日目】
各自朝食 → 9:00休暇村出発 → 10:30奥四万湖、シャクナゲの滝、昼食、桃太郎の滝、甌穴 → 17:30休暇村着 → 夕食 → 20:00園地で星空撮影(自由参加)
【3日目】
5:00 早朝夜明けの園地を撮影 日の出の後終了 → 朝食 → チェックアウト → 10:00 会議室集合 質疑応答 → 解散(11:30)

積丹半島 輝く海と岬を写真に収める 小樽

休暇村支笏湖

【日時】
平成30年9月18日(火)~9月20日(木) 2泊3日 5食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):1回
【お一人様】
46,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し 
【講師】
中村 健太菊地 晴夫
【最少催行人員】
10名
【国内旅行業務取扱管理者】
土居 麻子

【詳細】

積丹・小樽は太陽の光と海の青が織りなす絶景スポットの宝庫です。美しく透き通る日本海は神秘的な世界を生み出します。青の洞窟へは普段見ることの出来ない角度から、ボートで撮影に行きます。その後は積丹半島の島武威海岸で北海道の雄大な自然の風景を楽しみます。

【日程】

【1日目】
各自チェックイン → 16:00支笏湖園地撮影 → 夕食 → 19:30持参作品講評会
【2日目】
7:30各自朝食 → 8:00休暇村出発 → 9:30青の洞窟撮影 → 11:00小樽運河撮影 → 車中にて昼食 → 14:00積丹島武威海岸撮影 → 19:00休暇村着
【3日目】
6:00早朝撮影 → 各自朝食後チェックアウト

伯耆国 開山1300年霊峰大山ブナ原生林と木谷渓流をたずねて

休暇村奥大山

【日時】
平成30年10月14日(日)~10月16日(火) 2泊3日 5食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):1回
【お一人様】
29,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し 
【講師】
こしのぶゆき森本 勝義
【最少催行人員】
15名
【国内旅行業務取扱管理者】
柴山 武志

【詳細】

開山1300年を迎える大山寺周辺の歴史文化と、西日本最大級のブナ原生林の黄葉、サントリー天然水のCM撮影スポットともいわれる木谷沢渓流の彩り豊かな自然も魅力です。また、夜は星取県の夜空撮影にも、講師の方の指導のもと挑みます。

【日程】

【1日目】
15:00集合チェックイン → 16:00鏡ヶ成湿原撮影(1H) → 18:00夕食 → 20:00星取県 星空撮影(1H)
【2日目】
5:30出発 → 5:40鬼女台展望台(1H) → 8:00帰村 → 朝食9:00出発 → 9:30木谷沢渓流周辺・文殊堂(2H) → 12:00大山寺着 → 13:00昼食 → 大山寺周辺(3H) → 16:30桝水高原or鍵掛峠展望所(1H) → 18:00帰村 → 19:00夕食 → 20:00持参作品講評会
【3日目】
7:15朝食 → チェックアウト 解散(10:00)

西伊豆からの富士山と爪木崎の水仙とアロエ、海辺の猿を撮る

休暇村南伊豆

【日時】
平成31年1月14日(月)~1月16日(水) 2泊3日 5食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):1回
【お一人様】
48,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し 和洋室利用+2,000円
【講師】
庄子 利男富田 皋生
【最少催行人員】
10名
【国内旅行業務取扱管理者】
市原 理光

【詳細】

冬でも温暖な伊豆での、満開の水仙と南国特有の真っ赤なアロエの花。さらに伊豆からの巨岩を背景に名峰「富士山」や波勝崎苑「猿園」で約300匹の猿の生態をモンキービーチで撮影する。また、弓ヶ浜からの朝日や奥石廊崎からの夕陽。日本の夕陽百選で巨岩続く「大田子海岸」からの「ゴジラ岩」と夕陽、さらに星空の美しい南伊豆、休暇村の屋上で満天の星を撮影。

【日程】

【1日目】
13:00下田駅集合・出発 ※車の方は12:00休暇村 → 爪木崎の水仙とアロエの花・灯台・柱状節理 → 奥石廊崎の夕陽 → 17:30休暇村着 → 夕食バイキング → 21:00星空撮影(1H)
【2日目】
弓ヶ浜で朝日の撮影(希望者のみ) → 朝食 → 9:00休暇村 発 → 波勝崎猿園の撮影 → 雲見千貫門/相模湾と富士山 → 昼食 → 大田子海岸の夕陽(ゴジラ岩) → 18:00休暇村着 → 夕食バイキング → 20:00作品講評(2H)※3階カンファレンスルームA
【3日目】
弓ヶ浜で朝日の撮影(希望者のみ) → 朝食 → 9:00休暇村発 → 下田市内の街並、了仙寺・ペリーロード → 下田駅解散(12:00)

太平洋の日の出と南紀の景勝地を撮る

休暇村南紀勝浦

【日時】
平成31年1月21日(月)~1月23日(水) 2泊3日 5食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回 昼食(弁当含む):1回
【お一人様】
49,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し
【講師】
川名 廣義こしのぶゆき
【最少催行人員】
15名
【バス会社】
熊野交通

【詳細】

集合当日は、満月の出にチャレンジ、空気の澄んだ冬の太平洋からの日の出を二日間にわたりチャレンジ。南紀の名勝那智の滝、奇岩が並ぶ橋杭岩、熊野古道を撮影する撮影三昧。

※作品講評会と月光撮影は天候により変更あり

【日程】

【1日目】
16:00休暇村集合 → 自己紹介 → 月の出(17:21予定)撮影に出発 → 休暇村着 → 夕食 →20:00~21:00作品講評会
【2日目】
6:00ロビー集合 → 朝日(6:59予定)を撮影 → 休暇村着 → 朝食 → 9:00休暇村出発 → 10:00橋杭岩到着 → 11:00出発 → 昼食 → 熊野古道 → 那智の滝 → 那智本宮大社 → 15:00出発 → 16:00鬼が島着撮影 → 17:00出発 → 18:00休暇村着 → 夕食 → 20:00園地で月光景色撮影
【3日目】
6:00ロビー集合 → 朝日(6:59予定)を撮影 → 休暇村着 → 朝食 → 9:00チェックアウト → 会議室にて質疑応答 → 解散(9:45)

伊勢神宮神話の森と菜の花咲き誇る伊良湖岬

休暇村伊良湖

【日時】
平成31年2月4日(月)~2月6日(水) 2泊3日 4食
【食事】
朝食:2回 夕食:2回
【お一人様】
44,000円(消費税・入湯税込)
※1名1室利用は2,000円増し 
【講師】
出澤 達男中村 友一
【最少催行人員】
15名
【国内旅行業務取扱管理者】
川喜田 義直

【詳細】

  1. 樹齢数百年の巨木が茂る神域「伊勢神宮」の外宮・内宮を訪ねる。神気に満ちた参道や五十鈴川のせせらぎ、日本古来の建築様式に触れる。二見の夫婦岩も撮影。
  2. 伊勢路はフェリーでの海路。海原や船舶、神島や菅島の遠影、伊良湖岬や鳥羽港の情緒溢れる風景を撮影。フェリーの帰路や1日目の宿では、美しい夕景も狙う。
  3. 最終日は唱歌「椰子の実」の舞台となった恋路ヶ浜や伊良湖岬灯台、渥美半島を黄色く染める広大な菜の花畑で春のベストショットを狙う。

【日程】

【1日目】
各自チェックイン → 15:30オリエンテーリング → 海岸で風車・夕日の 撮影(自由参加) → 18:30夕食(バイキング) → 入浴(各自) → 20:00ミーティング(持参作品講評会)
【2日目】
朝食 → 7:50伊良湖港 → 8:10伊勢湾フェリー → 9:00鳥羽港 → 9:40外宮 → 11:10おはらい町(自由昼食) → 12:50内宮 → 14:45伊勢夫婦岩 → 鳥羽港 → 伊勢湾フェリー → 伊良湖港 → 休暇村 夕食(バイキング) → 20:00ミーティング
【3日目】
6:00日出の石門で日の出撮影(自由参加) → 休暇村 朝食 → 8:40伊良湖岬 → 遊歩道15分 → 伊良湖岬灯台 → 遊歩道15分 → 恋路ヶ浜 → 9:40日出の石門 → 10:10菜の花まつり会場 → 11:20休暇村 解散
※「南阿蘇」でも写真教室ツアーを募集予定です。内容が決定次第、こちらのページに掲載します。