その他

2015.06.11

ギンリョウソウ、もう見られます。

ギンリョウソウ、もう見られます。
ギンリョウソウ、もう見られます。
例年、芝桜が終わって1~2週間後位に見頃を迎える、『ギンリョウソウ』。今年は芝桜の見頃が早めだったので、ギンリョウソウも早まってしまうかなと思い、咲き具合を見に行ってきました。ギンリョウソウが見られるのは、休暇村から車で3分程、”あてび平小鳥の森”。その名のとおりたくさんの野鳥が囀る、森の中の散策路です。いくつかあるルート(全部回ろうとすると3時間ほどかかります)の中から、今回はちょっと長めの「せせらぎの径」を選択。小川の近くなど数か所で無事、咲いているギンリョウソウに出会うことができました。ギンリョウソウ(漢字では銀竜草)は、その名のように白銀色で、茎に鱗のような形の葉を何枚も持っています。儚げな様子からでしょうか、”ユウレイタケ”なんて別名もあります。多年草ですが腐生植物で、 (1)樹木が光合成して有機物を生成 → (2)樹木と共生するベニタケ属の菌類が有機物をもらう → (3)そのベニタケ類からさらに有機物をもらう             といった流れで栄養を得ている(!)そうで、どこにでも生えている訳ではないので、見つけるととても嬉しい気分になれますよ。茶色い地面からのそっとのぞく白は、花のサイズの割にはよく目立ち、見つけやすいです。花を咲かせる時だけ地上に出てくる、初夏の風物詩・ギンリョウソウ。是非、見られる今のうちに、会いに行ってあげてください。
PAGE TOP