その他

2017.02.23

ツアーまであと11日。”モネの池”も見てきましたよ

ツアーまであと11日。”モネの池”も見てきましたよ
ツアーまであと11日。”モネの池”も見てきましたよ
 休暇村茶臼山高原主催の2泊3日ツアー『今話題の名もなき池 「通称モネの池」と東海絶景名所巡り』まであと11日。本日はツアーの下見で最新状況を撮影してきた名もなき池・通称”モネの池”(岐阜県関市)をご紹介します。 ”モネの池”は、白谷地区の氏神を祀る「根道神社」の石段横にある池。池の底に石英質を多く含む白っぽい砂が堆積しているため、その上の澄んだ湧き水が光の加減で藍や碧に輝き、睡蓮と錦鯉と相まって「モネの絵画の様だ!」とネットや週刊誌で大変話題になったビュースポットです。 土日ともなると関東や熊本くんだりからもお客様がやってくるという人気の場所ですが、平日だったため渋滞もなく、のんびり写真を撮ることができました。冬眠しかかっている(?)錦鯉たちの動きも大変スローで、シャッターチャンスもサービス気味。本格的なカメラでなくても中々に美しく撮れるので、インスタやツイッターにあげよう♪と意気込む方々の気持ちが良くわかります。 池すぐ前にはお花を売っている温室やモネの池グッズ(プロの方が撮った写真やプリントクッキーなど)も買えるお店があるので、ひとしきり写真を撮った後などに立ち寄ってみるのも楽しいですよ♪ 当館のバスツアーでは初日・3月6日に訪れます(当ツアーの残り席は1席です。2泊3日のご予定が合う方は是非お早目にお電話にてお問い合わせください)。モネの池、当日も一瞬一瞬、美しい姿を見せてくれるといいなぁと今から楽しみです。マイカーで当スポットを目指すお客様へ: 休暇村からは高速で3時間程かかりますが、美濃加茂方面へいらっしゃる(またはからお越しの)方は寄ってみてはいかがでしょうか。
PAGE TOP