その他

2014.05.28

白花燦々

白花燦々
白花燦々
休暇村本館の周囲にある、「ズミ」と「ミヤマザクラ」が満開です。特に食事会場の大窓から見える枝ぶりが見事なので、ランチにお越しのお客様方からしきりに、「あの花は何ていうの?」と名前を聞かれます。ズミ(画像上)は「木角(木へんに角の漢字一字)」・または「酸実」。元々は染色に用いる木だった為「染み」と呼ばれていたのが語源だとか。現在の当て字?の「酸実」もあながち外れではなく、実はちっとも甘くないらしい、です、が、花は近縁種であるリンゴのそれに似て華やか。良いにおいがしそうな気がする(特ににおいを感じたことはないのですが…)形状です。ミヤマザクラ(画像下)は漢字で深山桜。名前の通り山深い(→標高が高かったりもする)ところに生えているので、桜なのに花季はこんなにも遅めで、山桜のさらに後なのです。小さい花がみっしり咲いていて、中央につけまつげのように長くてゴージャスなおしべがパチパチしています。この所この2種類の木がとりわけ、青空の下で輝いて咲いています。きっともう数日で大量の桜吹雪になって、あっという間に他の木のように葉っぱだらけになってしまうのでしょう。冬が長い、茶臼山高原。春~夏の木々や草花の成長は本当にあっという間です。何かしらの花の見頃に遭遇出来たらそれは本当にラッキー^^ ぜひ、素敵な出会いを探して、目をよ~く凝らして散策してみてくださいね。
PAGE TOP