その他

2014.11.02

明日11/3 復活!平成の“ふいご祭”

明日11/3 復活!平成の“ふいご祭”
 たたら製鉄で栄えた鳥取県日野町根雨で11月3日、廃れた「ふいご(鞴)祭」が約90年ぶりに復活する。金屋子(かなやご)神を祭り、ふいごを清めて祝う伝統行事。※ふいごとは「人力の送風機」のことで、たたら炉の場合、砂鉄の溶融温度を1400度以上に長時間保つ必要があるとされ、精鉄には欠かせない道具です。祭りは主に旧暦の11月8日、刀工や鍜冶屋、鋳物師らが仕事を休んで稲荷神社に詣でてお札を受け、ふいごに酒などを供えて精進を誓ったとされている。 奧日野一帯に61カ所の鉄山と78カ所の製鉄工場を経営し、県内最大の鉄山師だった根雨の近藤家では、大正10(1921)年ごろまで祭りが受け継がれてきたという。 たたらの伝統文化を研究し、後世に受け継ぐ活動に傾注するたたら顕彰会では、長く途絶えた祭りの復活を計画。「平成のふいご祭」と銘打ち、よみがえらせることにしました。 ★当日は日野町役場前の駐車場を会場に、神事やミニたたら操業の火入れ、砂鉄投入体験や、たたらの紙芝居やアニメ上映があるほか、伯耆・江尾寿会が「印賀たたら唄」と新曲「カナクソの唄」をお披露目。祝いの席などで振る舞われる郷土料理「じゃぶ汁」の味自慢大会(無料で12:00~先着200名)や旬の物産市も開催されます。【問い合わせ】日野町商工会の同顕彰会事務局 電話0859(72)0249★☆イベントの詳細はこちら!!☆★
PAGE TOP