その他

2013.08.23

川の宝石『カワセミ』

川の宝石『カワセミ』
川の宝石『カワセミ』
本日は川の宝石とも呼ばれる美しい鳥、カワセミについてご紹介いたします。カワセミはブッポウソウの仲間で大きさは約17センチ、スズメよりやや大きな鳥です。大きな頭と小さな足がなんともかわいらしく、光の加減で緑や青に輝く羽毛も大変美しいので、バードウォッチャーのみならず多くの人々から愛されています。そんなカワセミは、なんと田貫湖周辺でも観察することができます。とても美しい見た目をしているので、川の清流にしか生息しない珍しい鳥だと思われがちですが、実は東京の中心でも観察できるくらい身近な鳥なのです。カワセミは魚を食べる鳥なので、水辺周辺をじっくり観察することがポイントです。もしも湖面すれすれを矢のように真っ直ぐ飛んでいく青い小鳥を見つけたなら、それはカワセミで間違いないでしょう。カワセミは季節問わず田貫湖周辺に生息する鳥なので、ぜひこの『青い宝石』を探しに田貫湖まで足を運んでみてはいかがでしょうか。中村
PAGE TOP