松尾芭蕉も歩いた花の山 『月山』へ!

月山 池塘
月山弥陀ヶ原

「いろは48沼」と呼ばれる、たくさんの池塘にイネのように立って見えるのは、ワタスゲやミヤマホタルイです。弥陀ヶ原が別名『御田原』と言われるのは、これらの地糖が一面の田んぼのように見える。

山頂へのアプローチ 【八方八口】
月山山頂への登山道は、古来より八方八口(はっぽうはちくち)と言われ、複数の登山道が整備されており、東西南北どの方向からもアプローチが可能です。
その中で、登山時間や登山口からの標高差、山小屋の有無等を考慮し、「羽黒(8合目)コース」「湯殿山コース」「姥沢(志津)コース」を利用する方が多いようです。

※湯殿山コースは途中に梯子場が連続する場所があります。また、7月中は雪融水が激しく流
月山山頂 月山の山頂には「月山神社本宮」が鎮座し、7/1~9/中旬まで開山します。神社の入口で祈祷をし、人形(ひとがた)の紙に息を吹きかけ流し、お祓いをしていただいた後、神社へ参拝します。(参拝料¥500 )
山頂の脇には「頂上小屋」があります。江戸時代に松尾芭蕉が宿泊した覚兵衛小屋の流れを汲む伝統のある山小屋です。

運がよければ山頂から鳥海山が見えるかもしれません。
【月山の平均気温情報 例年のデータ】 ※あくまでも参考データーです。 6月 最低気温9.1℃ 平均気温14.9℃  最高気温21℃ 7月 最低気温14.1℃ 平均気温18.7℃  最高気温24℃ 8月 最低気温15.1℃ 平均気温20℃   最高気温25.9℃ 9月 最低気温10.8℃ 平均気温15.3℃  最高気温20.9℃

咲き誇る 高山植物
月山でみられる高山植物は約350種類以上

万年雪を抱く月山、そこは高山植物の宝庫。春から秋にかけて、月山でみられる高山植物は約350種類以上とも言われています。月山は標高約2,000mに満たない山ですが、日本海からの季節風をまともに受けるため、日本海有数の豪雪地帯となっています。そのため、通常は3,000m以上の山でないと見られないような、たくさんの高山植物に出会えるのです。

まぼろしの花クロユリとの出会い 6月になると、月山は別の表情を見せ始めます。4月中旬頃から咲き始める花もありますが、特に6月になると、残雪の消え際から思い思いの姿と色合いで着飾った高山植物が次々と咲き始め、8月にかけて、数々の有名な高山植物が月山の日々を彩っていきます。中でも、月山特有であり、「恋の花」、「まぼろしの花」とさえ言われているクロユリ(山頂付近)との出会いは、ぜひオススメします!
月山の主峰であり、山岳信仰の御山 月山は、出羽三山の主峰であり、古くから山岳信仰の山として知られています。月山の山頂へ向かう行程で自分の心の有り様を知ることができ、山頂を極めた時に心が洗れる・・・。それが月山登山の魅力でもあります。どうしても山頂へ行く事ができない方のために月山ペアリフト上駅に「月山遥拝所」を設置しております。
7月1日 月山夏山開き 大きく堂々とした山容の月山。 山形県のほぼ真ん中にあるので、山頂からの眺望は抜群。 遠く日本海を望む大パノラマが広がり、見事な絶景に疲れを忘れてしまうほどです。珍しい高山植物も多く、夏なら山頂近くで神秘的なクロユリやヒナザクラの群落に出会うことができます。

月山までの路線バス
7/1~運行開始!

月山の登山シーズンは大変混雑します。
安心の路線バスで月山までGO!
バス時刻表PDF

平成29年度月山行バス時刻表 【8合目路線バス】
⇒7月1日~8月31日は毎日運行
⇒9月2・3・9・10・16・17・18・23・24・30日・10/1の各日運行。

【バス時刻表】
休暇村⇒月山8合目
①7:10 ②8:10 ③11:55 ④14:10
月山8合目⇒休暇村⇒鶴岡駅
①8:30 ②9:30 ④13:10 ④16:00

【休暇村~8合目までの月山高原道路】
 6月末に開通。11月上

紅葉鮮やかな月山
晴天時は庄内平野が一望

お花畑も鮮やかですが、紅葉時期も言葉では言い表せない美しい光景が広がります!

月山の開山期間は7月1日~9月15日迄 これ以外の時期も登山は可能ですが、登山道や山小屋・トイレ等の状況を、お客様自身で事前に確認のうえ、自己責任で入山願います。
◆月山高原ライン(休暇村⇒8合目弥陀ヶ原) 10下旬まで
◆月山ペアリフト(西川町姥沢)      10月下旬まで営業
※期間は、天候状況により変更になる場合があります。

【羽黒】8合目ルート
代表的登山ルート

初級・中級コース

標高・歩行時間など ■登山口の標高
 ⇒約1400メートル 
■山頂までの歩行時間
 ⇒約2時間30分~3時間
■休暇村からの所要時間
⇒車で30分(路線バス50分

湯殿山コース
鉄はしご有り

上級コース

標高・歩行時間など ■登山口の標高
 ⇒約1060メートル 
■山頂までの歩行時間
 ⇒約3時間30分~4時間30分
■休暇村からの所要時間
⇒車で50分+路線バス5分

姥沢(志津)コース
リフトを経由します。

初級・中級コース

標高・歩行時間など ■登山口の標高
 ⇒約1520メートル 
■山頂までの歩行時間
⇒約2時間~2時間30分
■休暇村からの所要時間
⇒車で80分+登山リフト10分

月山登山は休暇村からがGOOD!
月山8合目から一番近い宿

月山8合目から、一番近い宿は、ここ休暇村羽黒です。ここでゆっくり休み、いざ出羽の主峰「月山」へ出発です!

おすすめポイント
その1
①月山8合目まで約18キロの最寄宿である。
②休暇村の目の前にバス停があり、8合目行きのバスが運行している。
③すぐそばに「月山ビジターセンター」があり、登山や自然情報を入手できる。
おすすめポイント
その2
④便利でお得な「登山パック」がある。 詳細は㊦へ!
⑤ガイドと一緒に月山を縦走できる「登山プラン」がある。 詳細は㊦へ!
⑥美味しい夕食で、翌日の登山のパワーを充填できる。
おすすめポイント
その3
⑦スタッフの笑顔で癒される。 ⑧それからそれから・・・・。

地元庄内米のおにぎり
竹の皮で包んだおにぎり弁当

毎年大好評の「お弁当付き登山パック」今年度も行います!

何と竹の皮で包んだおにぎり弁当
休暇村羽黒のオリジナル弁当ですよぉ!

大好評の理由
その1
①1名様から100名以上、何名様でも対応可能です。
②早朝4時からお弁当のお渡しが可能です。
大好評の理由
その2
③早朝に出発する方は、料金アップ無しで朝食バイキングを「朝食箱弁当」に変更可能です。(お部屋や8合目でお弁当を食べてから登山開始!!)
大好評の理由
その3
④昼食用おにぎり弁当は、庄内米を使用しています。今年も竹の皮でお弁当を包みました。

早朝出発用 朝食弁当も有ります
朝食弁当バージョン

基本は、真中のプランと同じですが、早朝出発確定のお客様向きのプランです。

早朝4時から出発OK!
竹の皮で包んだおにぎり弁当付きパック
■期間 平成28年6月30日~10月1日

楽々登山パック 1泊2食+昼食用おにぎり弁当付(税込)
※朝食は箱弁当 出発前に食べてもOKですし月山で食べてもOK
料金 4名1室: 9600円 
3名1室: 9900円 
2名1室:10400円 
1名1室:11400円
土曜日・7/1~8/26・9/17は1100~2200円加算になります。詳しくはお問合せ下さい。
PAGE TOP