ブログ

2019.05.26

バスケット??それとも卓球??

236 view

スタッフ名:鎌田

誰でも楽しめる和歌山のローカルスポーツ【バスピン】

みなさん、”バスピン”というスポーツをご存知でしょうか?

正式名称は「バスケットピンポン」。

和歌山で約60年前から親しまれているローカルスポーツで、その名の通りバスケットと卓球が融合したスポーツなのです。
 
写真のように卓球との一番の違いは手元に10センチほどのバスケット(穴)があることです。

大きさは通常の卓球台の約3分の1ほど。

台が小さく、人と人の距離が近いのでバスケットに簡単に入れられると思いますがこれがなかなか難しいです。
【ルール】 
①1セット11ポイント先取2セット先取で勝ちとなります。
②打った球が直接相手のネットにダイレクトに入ると2ポイント獲得。 (これをヒットと言います)
③11点のうち、少なくとも1回はヒットを出さなくてはならなず、ヒット無し で10点取っても、それ以降はヒット以  外で得点がカウントされない(ノー ヒット・テン)この状態で11点目が入ると相手の得点から減点されるルール となっており相手が0点になったら相手の負けとなります。
④ボレーは禁止で2点減点。必ず一度自陣でワンバンさせないといけません。
⑤サーブは手のひらに球を置き自分のコートでワンバウンドさせて相手のコートに入れます。(ここが卓球との大きな違いです。)

何と言ってもこのバスピンの醍醐味はボールをバスケットに入れる「ヒット」です。いくら卓球が上手な人でもヒットを連発されたらなかなか勝てません。。。
 

この『バスピン』、休暇村紀州加太に導入しました!

ちょっとルールは複雑そうに思えますがいざやってみるととてもシンプルなスポーツですし、何と言ってもノーバウンドでバスケットに入った時の感覚は忘れられません!それだけでも十分楽しめます♪

また、このバスピンの台は右の写真のように、高さの調整ができますので小さなお子様にも楽しんでいただけます。

休暇村紀州加太ではこのバスピンを導入しました!宿泊の方に限らず、日帰りのお客様にも貸し出しを行っていますのでお気軽にお楽しみ頂けます。
(会議室で行うため会議室のご予約が入っている日はお断りさせていただく場合もございます。)

実はこのバスピン、なかなかできる場所が少なく、、、
是非お越し頂いた際に和歌山のローカルスポーツに触れ合ってみてはいかがでしょうか。

 
画像1

6月空室出ております!

6/1~人気の[夏のハモ料理]がはじまります!
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
休暇村紀州加太の正面に望む島は『沼島』という『ハモブランドの島』です。
沼島近海のハモは、頭が小さく胴太で皮が薄く程よく脂がのり、肉質が非常にいいと言われています。
それは、海底が非常にやわらかい泥であり、エサが豊富なためにハモの生息に適しているからなんです。
一口食せば、身の締まり、脂身、旨味が別格と言われています。

『夏のハモ料理』ご予約はこちらから

PAGE TOP