その他

2012.10.13

奥日光紅葉豆知識【ツタウルシ】

奥日光紅葉豆知識【ツタウルシ】
奥日光紅葉豆知識【ツタウルシ】
日光といえば紅葉!と、言うことは有名ですが、奥日光の紅葉の何が凄いのかというと、その魅力の一つに植生の多様性があげられます。一言に紅葉と言っても、ナナカマド、カツラ、モミジ、カラマツ等、それぞれに違った特徴があります。今日はそんな中からツタウルシという植物を紹介します。ツタウルシはつる性の落葉植物で気根を出し、岩や木の幹などを這い、長さ数十メートルに及びます。他のウルシ類と同様、紅葉は大変きれいです。気を付けていただきたい事は、迂闊に触ると「うるしかぶれ」を起こすということです。これは、生ウルシに含まれるウルシオールが酸化する時に起こるそうです。 また、芽生えの頃にも赤く色づき(こういう場合も紅葉と言う)ます。パッ、と見ただけでも充分に楽しめる紅葉ですが、一つ一つじっくり観察していただければより自然の奥深さに感動と面白さを感じていただけるはずです。是非、日光の紅葉を楽しみにお越しください。☆☆繁忙期の空室提供について☆☆繁忙期につきましては直近のご予約でお取り消し等による、空室が発生してもインターネットへの空室提供を行わない場合がございます。是非、空室情報は直接お問い合せください。
PAGE TOP