おたよりの広場

おたよりの広場イメージ

25.紀州加太

2011.11.30

紀州加太ご宿泊のお客様より

紀州加太ご宿泊のお客様より

5月1・2・3日に、休暇村紀州加太2泊3日の旅行をしました。

1日目は、愛知(三河)を出発途中奈良県の長谷寺へ、ここは牡丹が咲いていて雨も降っていたので余計に綺麗でした。
その後高速道路を乗り継いで紀州加太へ。
その夜は、露天風呂からの紀淡海峡を見ながら1日目の疲れを癒しました。

2日目は、休暇村から高野山へ。車で少し時間(2時間)がかかりましたが、現代の街並み(和歌山市内)を抜けて山道を快走し標高差約1000mを登り、山門の前(自分は、運転に集中していて見逃し。)を通って、霊宝館駐車場へ車を止めました。そこで、高野山の案内地図を妻と広げて行き先を検討し、先ず高野山の総本山である金剛峯寺に、中を見学していると作家で出家している家田荘子さんの説法を聞くことができラッキーでした。これだけでも、高野山へ来て御利益があったと2人で思いました。

次に、奥之院(弘法大師御廟)を目指し道の両側に商店街と寺院が並んでいるメイン道路を歩き途中から樹齢400年を超す杉並木を通りその中にある無数の墓石を見ながらひたすら歩きました。
墓石の中には歴史で出てくる有名な名前のものも無数にあり歴史を感じさせました。
参拝を済ませた後国宝の彫刻掛け軸等を見学してわれわれの歴史を再発見しました。
そして、もう一度来たいと思いつつ休暇村へ。

3日目は、和歌山城を見学し、昼食は現代の食べ物ハンバガーで済ませて、三河へと帰路につきました。
自宅へ着いて妻が一言、もう一度紀州加太へ行きたいねと言い、楽しい旅でした。

(2011年5月1日~3日/K様)