おたよりの広場

おたよりの広場イメージ

31.帝釈峡

2014.8.26

帝釈峡ご宿泊のお客様より

帝釈峡ご宿泊のお客様より

写真をクリックすると拡大します。

5月に長男の3人目の子供が下関市で産まれました。3人とも男の子で、私達夫婦にとっては7人目の孫となります。生後すぐに掛けつけたかったのですが、仕事の関係上、7月になり、孫もすでに生後2か月となっていました。

一日目は下関に、二日目は広島県庄原市の休暇村帝釈峡に宿泊し、翌日兵庫県の我が家へと帰宅しました。

初めての休暇村帝釈峡でしたが、環境も良く、休暇村園地内には大きな紅葉の気がたくさんありました。紅葉シーズンにはもう一度訪れたいと思った程です。

休暇村帝釈峡から中国自動車道はガラ空き、貸し切りの状態で運転もしやすく、最高のドライブ日和でした。

私の車を追い越した車が右へ左へと車線変更しながら走っていくため、「あの車、ちょっとおかしいのでは?」と思わず主人に言った程です。しばらく車の走行を観察していると、左カーブ手前になると左ウインカーを出し、右カーブ手前になると右ウインカーを出しての車線変更をし、それを繰り返しながらの走行でした。

あのような走行車を見たのは初めてでした。これも節約走行なのか、いったいどこまであのような走行で行くのだろうか、聞いてみたいほどでした。マネして走行してみましたが、その都度ウインカーを出すのが面倒になり止めました。

今でも主人とその話題になると思わず笑ってしまいます。楽しい体験でした。

(2014年8月/兵庫県川西市/K様)