- 休暇村で働く魅とは? - からの
メッセージ

調理係長福島 徹晃

休暇村伊良湖 東海・北陸 愛知県

調理係長

福島 徹晃ふくしまてつあき

中途2005年入社(16年目)

[キャリアパス]
2005年 入社→調理係→2008年妙高 調理係→2010年越前三国 調理係→ 2012年調理リーダー→2014年調理主任→2018年調理係長 伊良湖

「この職場になくてはならない人」を目指す

入社決定のポイント
入社前は、底引き漁船の漁師でした。一度漁に出ると長い時で1週間の間、船で生活することも。船では魚をさばいたり簡単な賄飯を作ったりしていましたが、仕事上、怪我が多く他の仕事を考えていたところ、知り合いの仲買から紹介されたのが休暇村竹野海岸でした。もともと実家が民宿を営んでおり両親の背中を見て育ったことから料理に興味をもっており、休暇村の調理場で働くことにしました。
入社決定のポイント
働く上で大切にしていること
基本をおろそかにしないこと、確かな味覚を持つことを大切にしています。お客様から美味しいと喜んでいただける料理を提供することと、この職場でなくてはならない必要な人と皆から思われる様、日々努力して行きます。
働く上で大切にしていること
心に残るエピソード
レストランでご機嫌が悪いお客様がいらして、たまたま自分が雑炊を作ることになったのですが、雑炊をつくりながら会話が弾み、いつのまにか機嫌の悪かったお客様も笑顔になり、とても満足されて帰られました。自身の声掛けや会話等の少しの配慮で不満を満足に変えられ、またお越し頂ける機会を頂けると感じました。
就職活動中の皆さんへのメッセージ
日々の仕事は、試行錯誤の繰り返しです。料理にはこれだという答えはなく日々、向上心と探究心を持って、常に学ぶ姿勢を大事にして取り組めば、自ずと良い結果が生まれると思っています。困難なことも多いですが、とてもやりがいのある仕事です。自分の力を信じて、ぜひ休暇村でチャレンジしてみてください。

私が働いている、休暇村伊良湖のココが自慢

冬の越前カニを筆頭に、新鮮な魚介類や豊富な野菜、果物、美味しいお米に恵まれており、まさに福井県は食材の宝庫です。そんなとびっきりの食材を毎日扱え、お客様にご提供できることを誇りに思います。

冬の越前カニを筆頭に、新鮮な魚介類や豊富な野菜、果物、美味しいお米に恵まれており、まさに福井県は食材の宝庫です。そんなとびっきりの食材を毎日扱え、お客様にご提供できることを誇りに思います。

先輩が働く休暇村を見る

ほかの先輩を見る

遠藤 順一

人や物は己を写し出す鏡

more

遠藤 順一支配人

中途1985年入社(36年目)

休暇村庄内羽黒

北海道・東北

瀧水 寛仁

いつでも笑顔を絶やさずに

more

瀧水 寛仁次長

新卒1994年入社(27年目)

本部

岩本 華奈

人を喜ばせる、そしてその瞬間を共有する

more

岩本 華奈営業主任

新卒2017年入社(4年目)

休暇村南伊豆

東海・北陸

齊藤 勝史

創るのは自分である

more

齊藤 勝史副支配人(調理担当)

新卒1991年入社(29年目)

休暇村越前三国

東海・北陸

先輩一覧を見る

PAGE TOP