その他

2017.01.18

坊っちゃん列車に乗ろう!

坊っちゃん列車に乗ろう!
坊っちゃん列車に乗ろう!
皆様こんにちは(^0^)本日は明治21年から67年間、市民の足として親しまれ、夏目漱石の小説「坊っちゃん」の主人公が乗ったことから、いつしか「坊っちゃん列車」という愛称で親しまれるようになった「坊っちゃん列車」のご紹介です。当時は、蒸気機関車の特徴である黒い煙を吐き出し走っていたが、現在ではディーゼル車両として復元。運行する車掌は、当時を思わせるような出で立ちで観光客を楽しませてくれます。松山の市街地から道後温泉まで景色を楽しみながら当時の雰囲気が味わます。是非、お出かけになってみてはいかがでしょうか?坊っちゃん列車運行ダイヤはこちら フロント 山邉
PAGE TOP