ブログ

2021.06.17

~雲海ができる条件~

791 view

スタッフ名:渡邊

網張温泉に泊まりにいらっしゃるお客様の中には、「星空を観に来た」という人や「季節の山野草を見に来た」みたいに自然を求めていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。その中でも「雲海を見に来た」という方も多く耳にしますが、星空や山野草と違い雲海はその時の気象条件によって見られるかが大きく左右される自然現象の一つです。
ただ条件が合えば見られるものなので、今回は「雲海」の見れる条件について改めてご紹介致します。
 
~雲海の発生原理と条件~
画像1
画像2
画像3
そもそも雲海が発生するしくみを知らねば、出会える確率もまず上がりません。
というわけで雲海のでき方について、大きく分けて4段階に分けられます。

1.放射冷却などによる地表付近の気温低下。
→「放射冷却」は主に晴れの日の夜に起きる現象で、日中太陽の光で暖められた地表の熱が夜上空へと逃げることで気温が低下します。
2.地表付近の水蒸気を含んだ空気が冷える。
3.風が無く上記の空気が溜まる。
→盆地のような地形だと空気が溜まり易くなります。
4.空気中の水分が飽和状態を通り越すことで霧が発生する。
→この霧がいわゆる「雲海」です。

またこれらの段階を踏むには5つの条件があります。

1.季節
→例外的な場合もありますが、春と秋に見られることが実は多いそうです。
2.時間帯
→これも例外がありますが、ほとんどが夜明け前~早朝とされています。
3.気象
→湿度が高い・地表付近の気温が低い・無風状態・快晴などがあげられます。
4.気温
→前夜と次の日の早朝の気温に差がある。
5.場所
→山間部や盆地だと空気が溜まり易い。

とずらずら講座のように長文になってしまいましたが、正直これ全てが当てはまらなくても見られることがあります。
次はその一例についてご紹介いたします。
~ちょっとした条件でも偶然見られます~
先日全国的に大気の状態が不安定になり、各地で大雨が降りました。網張温泉がある雫石町もその一つでした。
12:00
この時間雫石町周辺は晴れていましたが、岩手県沿岸では既に警報級の大雨が降っており、
その正体である「積乱雲」を撮影できました。
17:00~
落雷と共に大雨が降り始めました。昼頃確認できた盛岡市街は雲ではなく大雨により隠れてしまっています。
18:20~
ここで今回の主役「雲海」が現れました。
18:40~
ほんの20分ほどで雲海が上がってきました。
霧なので周りの景色も全て隠れてしまいます。
19:00~
雨もすっかり止み、薄くかかる雲に夕焼けが映え、雲海とのコントラストがとても綺麗でした。
今回雲海が発生したのはいくつかの条件と雲海のできる段階を満たしていたからと推測されました。
1.日中晴れていたために、地表付近の気温が上昇していた。
→雨が降り、気温が下がったために気温差が生じました。
2.雨による湿度の上昇と水蒸気を含んだ空気の温度低下
→今回は大雨により、地表付近の気温が冷やされたと考えられました。
3.大雨により水蒸気が飽和状態を越し、霧が発生。
→雲海ができたと考えられます。

私個人としては登山が趣味なため、今までに多くの雲海を見てきました(因みに一番最初の3枚は私が撮ったものです)。しかし登山をしなくても今回のようにちょっとした条件でも見られる雲海、網張温泉ではお部屋からご覧いただくことができます。網張温泉でもやはり朝早い時間帯で多く見られますので、お泊りの際はぜひお部屋の窓からチェックしてみてください。

MORE

PAGE TOP