MENU

ブログ

2021.08.27

361 view

でんでんむしでどこに行く?

スタッフ:畑山

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5


皆様は盛岡都心循環バス「でんでんむし」を知っていますか?
こちらのバスでは約35分ほどかけて盛岡駅周辺を運行しております。
路線バスとして利用される方やちょっとした観光バスとして利用される方も
いらっしゃいます。

盛岡駅東口を出発し、旭橋、啄木新婚の家、県庁・市役所、盛岡城跡公園など計18の停留所を回り再び盛岡駅東口へと戻ってきます。

運賃は一回の乗車につき大人120円、小人60円
さらに一日フリー乗車券もありそちらはなんと350円!!

県内の観光地を巡るのもよいのですが
意外と盛岡駅周辺の観光スポットをご存じない方も
多いのではないでしょうか。

今回はその一部をご紹介いたします。

こちらは岩手銀行赤レンガ館。
国の重要文化財にも指定されるほど有名で、2012年の8月3日までは実際に岩手銀行の中の橋支店として営業していました。

こちらは石川啄木が堀合節子との新婚生活を始めた家です。
残念ながら今回は、コロナの影響で観覧することはできませんでした。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

今回はその中でも、盛岡城跡公園(岩手公園)に途中下車をしてきました。

今まで何度も見かけたことはありますが、実際に立ち寄ってみたことはなく
少しだけ新たな発見をしたような気持ちでした。

遠くからでもわかる石垣の迫力、歴史を感じる石碑の数々
頂上から見下ろす盛岡の街並みは時代の流れを感じ
感慨深いものがありました、、、。

夏の暑さも落ち着きを見せ始め、季節は秋へと変わっていきます。

秋の空はとても変わりやすく、昨日まで晴れ間が広がっていたと思えば
翌日には急な土砂降りになったりと、季節の中で一番天気の移り変わりの
多い季節です。

余談ですが・・・
昔からよく知られている言葉で
「女心と秋の空」ということわざが有名ですよね。
諸説ありますが、以前は「男心と秋の空」が一般的で
江戸時代後期には徐々に女心が使われはじめ
明治時代には男心から女心に変わっていったそうです。

網張温泉もこれから段々と表情を変えていき
山々の景色、スポーツに読書、食欲など様々な秋を迎えます。

皆さんはどんな秋が好きですか?

是非、皆さんの好きな秋を探しに網張温泉までお越しになってください。