MENU

観光地から探す 観光案内

観光地から探す 観光案内

大自然、名所を楽しむ
観光スポットをご紹介―。

休暇村周辺のおすすめの観光スポットを
ご紹介いたします。

見る(景観、自然)

見る(景観、自然)

葛根田渓谷

葛根田渓谷

ブナ原生林を擁する葛根田渓流は、変化に富んだ渓流からのダイナミックな流れと玄武洞の景観が多くの人を惹きつける。秋にはブナの黄色にモミジやウルシの赤が織り交ざった美しい紅葉が見られる。鳥越の滝が美しい。10月中旬が見ごろ。休暇村より車で約20分。


見る(景観、自然)

八幡平アスピーテライン・樹海ライン

八幡平アスピーテライン・樹海ライン

言わずとも知れた全国有数の紅葉スポット。山頂まではアスピーテラインと樹海ラインがあり、草紅葉からブナやもみじ、楓などの燃え上がる紅葉が楽しめる。また樹海ライン入口、渓谷沿いの松川温泉の紅葉も美しい。

見る(景観、自然)

花平のザゼンソウ

花平のザゼンソウ

開拓地にひっそりとたたずむザゼンソウの群落。3月下旬頃が見頃。

所要時間 休暇村よりお車で30分。新鬼越池近くの交差点をメイプルカントリーとは逆方向に入る。道なりに走ると右手に現れる。

見る(景観、自然)

春子谷地のミズバショウ

春子谷地のミズバショウ

滝沢村指定天然記念物「春子谷地湿原植物群落」
毎年4月上旬の雪解けとともに湿地一面に水芭蕉が咲き乱れます。バックにそびえる岩手山も絶景。

所要時間 休暇村より滝沢IC方面へ15分。

見る(景観、自然)

石割桜

石割桜

盛岡近郊で一番に咲く桜。大きな岩の割れ目から立派な幹を伸ばし、枝を大きく広げて花をたくさんつける様は、粘り強い岩手県人の気質と重なり、岩手のシンボルのひとつとなっている。

所要時間 休暇村からお車で50分。盛岡地方裁判所前。

見る(景観、自然)

小岩井農場の桜並木

小岩井農場の桜並木

小岩井農場を南北に縦断する県道219号線(旧小岩井道路)沿いに並ぶ桜並木。例年4月下旬が見頃。


所要時間 休暇村からお車で15分。

見る(景観、自然)

雫石川河川敷の桜

雫石川河川敷の桜

雫石川をせきとめて造られた多目的ダム・御所湖畔が色づくのは4月の下旬。未だ背丈は短いが、今や雫石の「お花見スポット」と言ったところ。ちょうどこの頃、雫石川園地には約200匹の鯉のぼりが掲揚され、雫石川のせせらぎを聞きながら、悠々と群れをなして泳ぐ鯉のぼりと、桜並木の彩りが雫石の春の訪れを感じさせる。

所要時間 休暇村からお車で30分。

見る(景観、自然)

小岩井農場の一本桜

小岩井農場の一本桜

農場の中で、秀峰岩手山を背景に緑の大地に根を張る一本桜。詳しい樹齢は不明。おそらく明治四十年代(約100年前)に植えられたと推定される。一本桜があるこの草地は、今は農場の牛などの餌になる牧草を収穫する畑だが、昔は牛の放牧地だった。牛は暑さが苦手なため、夏の強い日差しから牛を守る「日陰樹(ひいんじゅ)」としてこの桜が植えられたものと考えられる。以前はここで牛の世話をする人しか知らない桜だったが、昭和50年代に広域農道(雫石地区:全長19.5㎞)が整備されてからは一般の方も見学できるようになった。

所要時間 休暇村からお車で20分。

見る(景観、自然)

雫石の菜の花畑

雫石の菜の花畑

雫石町では、地域資源の有効利用による資源循環型社会の構築を目指し、平成19年度より「しずくいし・菜のテクノロジープロジェクト」を立ち上げ、取り組んでいる。雫石町内の転作田で菜の花を栽培し、春には多くの観光客に楽しんでいただいている。花が咲き終わった後には菜種を収穫。その後、乾燥調整作業を実施して、秋には搾油をし、雫石産菜種油「菜の雫」として販売している。(休暇村売店でも販売中 1本840円)

INFORMATION

close