観光

2018.04.30

歩く博物館!陣馬の滝周辺を散策してきました♪

907 view

スタッフ名:フロント 寺田

その昔、源頼朝が、富士の巻狩りの際に、一夜の陣をしいたとされる、陣馬の滝は、休暇村富士から、お車で約20分の所にあります。陣馬の滝に行ってみると、不思議な太鼓石の話が看板に書いてありました。どうやら、その太鼓石、すぐ近くのお寺、遠照寺に祭られているとのことで、歩いて散策してみました♪その途中で、戦争で亡くなった軍人さんの墓地や、頼朝の家臣が馬を休ませたとされる、駒止の桜も見つけました。白糸の滝のように、観光客用にお店などはありませんが、静かでゆっくりできる、陣馬の滝は個人的には大好きなスポットです。是非一度お立ち寄りください♪
滝に一番近い第一駐車場からすぐ、滝に向かう遊歩道があります。ここから滝までは2分位で行くことができます。
白糸の滝ほど大きな滝ではありませんが、新緑の中で岩肌から、落差約5メートル程を流れ落ちます。
滝壺のすぐ近くまで下りていけます。マイナスイオンをたっぷりと感じたい方は是非、滝壺近くまで行ってみてください♪
駒止の桜です。桜の時期に来たかったですが、それは次回のお楽しみです。
頼朝の家臣が、実際にここで馬を休ませたと思うと、歴史を感じます。
今まで陣馬の滝に何度か訪れていたのに、気が付かなかったけれど、軍人墓地があったんですね。
墓地は写真を撮るのは遠慮しましたが、滝のすぐ近くで眠られています。
これが太鼓岩。源頼朝が陣を貼った際、滝壺から太鼓の様な音がして、家臣に探させたところ、この石が見つかったそうです。陣馬の滝から歩いて5分程の所にある遠照寺さんの境内裏手、わさび田の横に祭られています。自然にできたとは思えない、とっても不思議な形をしています。
PAGE TOP