観光

2018.09.22

民話伝承の舞台へ行こう!遠野散策

795 view

スタッフ名:川岸

~ 柳田國男氏の『遠野物語』の舞台となった町を往く ~

休暇村周辺の木々の色が日増しに変化していっているように感じる網張温泉です。
今年は台風等の影響も少なく、美しい紅葉になるものと予想されます。
さて、網張までお越しいただいたら、岩手の観光名所も合わせてご覧いただきたいところ。
今回は民話の舞台となった遠野のおすすめスポットを少しご案内させていただきます。
盛岡ICから東北自動車道を南下して釜石自動車道に入り、休暇村から約80分で遠野市に到着致します。
柳田國男の『遠野物語』の舞台となった町であり、河童や座敷童子などが登場する「遠野民話」が伝わる土地でもあります。
なんと言っても河童。町のいたるところに河童が用いられており、まさに民話の里といった装いとなっています。
 
まずは巨大な河童像がお出迎えの伝承館さん。
遠野地方の農家のかつての生活様式を再現し伝承行事、
昔話、民芸品の製作・実演などが体験できます。 
園内には国の重要文化財に指定されている曲り家や、
遠野物語の話者である佐々木喜善氏の記念館があります。
そしてなんと言っても圧巻なのが、
千体のオシラサマを展示している「御蚕神堂」です。 
娘と馬の恋物語で知られるオシラサマが蔵の中に
“びっしり”と鎮座展示されているのを見ると
信仰の力というものを改めて認識させられます。
 

伝承館さんの詳細はこちら

お次はカッパ淵。
伝承館から歩いて5分ほどの所にある
常堅寺さんの裏にこのスポットはあります。
かつてこの小川の淵にはカッパが多く住んでいて、
人々を驚かしたり、いたずらをしていたとの事。 
今にも水面からひょっこりカッパが
顔を出しそうな雰囲気ですね。
淵の岸辺には、カッパ神を祀った小さな祠があります。
祠の横ではカッパ釣りを楽しむことができます。
餌はやっぱりキュウリ。他にもピーマン、
トウガラシも用意されています。
残念ながら私が行った際はあたりが無く、
カッパではなくてボウズとなりました。
最後は遠野ICのすぐ近くにある
卯子酉(うねどり)様の神社。
恋愛の神様としてカップルがよく訪れるこの祠、
境内の無人売店で売っている赤い布を、
左手だけで木に結ぶことができれば、
縁が結ばれるというご利益があるそうです。
この私、全国の縁結びの神様にご縁を
願ってまいりましたので、
もちろん祈願してまいりました。
無事左手のみで布を結べたので、
これはご利益あること確実!……と思いたいです。
 
まだまだ遠野には面白いスポットがたくさんございます。
ぜひ、網張にお越しの際は少し足を伸ばして民話と伝承の生きる町に
足を伸ばしてみてはいかがでしょう。

遠野の観光情報はこちら

ご宿泊の予約はこちら

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

MORE

PAGE TOP