ブログ

2019.02.08

方言

762 view

スタッフ名:上里

大久野島の桟橋から忠海港まで高速船で約15分
島にはコンビニもスーパーもないため買い出しに出かけます。
 
聞こえてくる、
「~じゃけぇ」
船の中
地元のオバチャン達の世間話
 
私が使わない語尾やイントネーションが
知らないのだけど伝わってくるニュアンスで
 
方言は地域性があってホッコリします。
尾道で夏にランプ祭があるそうです。
そこで、観光客にも都道府県別で灯すブースが設けられる、という事で私も参加。
我県の灯りは明るいかな?
 
お客様で同郷の方がお見えになると
「やっぱりね」
と言われます。
 
方言は自然と漏れてくるものなのですね。
PAGE TOP