ツアー

2021.04.09

ℚ旅・クルージングツアー (添乗レポート) 

476 view

スタッフ名:横山

いつも休暇村大久野島をご利用下さり誠にありがとうございます。
桜はそろそろ見納めではありますが、引き続き新緑のすがすがしい季節となりました。

先日『クルーザー貸切による尾道方面のツアー』が催行され、添乗員として参加して参りましたので、「ツアー添乗レポート」として、ご報告させていただきます。

※表紙の人物が写っている写真は、ご本人の掲載ご了承済みです。
※写真は当日だけでなく、下見の際に撮影されたものも含みます。

今後は、この『クルーザーによる宿泊プラン』をはじめ、新観光列車『etSETOra(エトセトラ)』や新観光船『SEASPICA(シースピカ)』を利用した「贅沢宿泊プラン」等も企画
募集致しますので、是非ご利用下さい!!

今回のツアー名は、『千光寺の「桜」と貸切クルーザーに乗って海から多島美を眺める大久野島クルーズツアー』です。
日程は、3月24日(水)~休暇村大久野島を2泊3日5食付きの宿泊プランで、ツアーとして2日目の
3月25日(木)出発でした。
朝方小雨だったものの、日中には快晴となり桜も5分咲き、サンセットクルーズもきれいな夕日
を見ることが出来、『予想をはるかに超えた充実した素晴らしいツアー』が実現しました!!
お客様だけでなくスタッフも大満足です!!

コロナ渦の影響もあり当初、参加申し込みの人が少なく、催行が危ぶまれましたが、「女性の方2名様と、ご年配の方・乳幼児2名様のご家族の合計6名様のゆったりとしたツアー」が実現しました!
 
1.往路  大久野島→尾道 クルージング

前日19:30より、『ツアー説明会』をホテル内で実施し、参加者の方々の顔合わせも済ませ、集合10:30と遅めの出発となりました。

朝方少雨でしたが、雨はあがり、曇り空でのスタートです。
大久野島第一桟橋までは、徒歩で移動!  
10:45 いよいよ出航です!!

皆さん救命胴衣を着用され、思い思いの席に着席。写真好きの方は、屋外デッキに座られ、他の方は船内でくつろがれておりました。

出航後間もなく、休暇村大久野島の建物を目前にし、その先まもなく左手に「今治造船(株)(旧幸崎造船)」のドックを横切り、修繕中の大きな貨物船を目の前で見ることが出来ました。その大きさにびっくり!!
普段は、呉線の車窓や車から玄関口を眺めるだけですので、ド迫力の風景でした。

その後、須波港や三原港を眺めながら、あっという間に予定通り11:50には、「おのみち海の駅」に到着・接岸致しました。
(大久野島から尾道中心地まで1時間で到着ですので、エキスプレス便となりました)
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
2.昼食

「おのみち海の駅」に停泊し、目の前の「尾道ロイヤルホテル・2Fレストラン」での昼食となりました。 
今回のツアーの凄さは、クルーザーで尾道の中心部埠頭に大久野島より直接接岸出来ることで、しかも停泊場所・真正面のホテルで昼食!!です。
更に凄いのは、窓側の席を確保させてもらい、『乗ってきたクルーザーを眺めながらの昼食』の贅沢さでした。このレストランからは、尾道大橋や尾道水道が眺められ、『尾道花火大会の拠点』ともなる人気店で、味もサービスも良く、このツアーの企画の際に、真っ先に予約を入れました。

お子様を含め6名様ですが、大人の方は、『松花堂弁当』(食後の飲み物付き)をゆっくりとお召し上がりになりました。

予定より若干延長し、13:10にホテルを出発しました。
天気も回復し、快晴となり、絶好のツアーの予感です。
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像1
画像2
3.千光寺公園・自由行動

尾道ロイヤルホテル・レストランでの食事を終え、徒歩にて、ロープウエイ乗り場に向かいました。
お打ち合わせの結果、ロープウエイ乗車後は、自由行動とし、15時15分大型バスの駐車場付近で待ち合わせとなりました。

尾道観光では、何といっても、千光寺公園と共に、『ロープウエイからの眺望』は外せません!

ロープウエイ山頂は、あいにく展望台の解体工事でほとんどが閉鎖されており、下見の結果、『尾道市立美術館』が、70歳以上無料、混雑もなく、猫好きの方もおられ、展示もあり、ロビーからの眺めも良い為、お勧め場所としてご提案しました。その結果、本来は自由行動だったのですが、皆さん全員が美術館に入館されることとなりました。

桜も、5分咲き、天候も快晴となり、尾道市立美術館・ロビーからの眺望もやはり抜群で、ご堪能されたようです。ここの喫茶コーナーも空いており、穴場スポットでもありました。
(添乗員や70歳以上の人、乳幼児は無料の為、今回8名中2名様が割引料金700円をお支払いになっただけで、「6名分無料の異例な扱い」となりました。ラッキーです!)

ここから、約1時間半の自由行動で、桜を見ながら散策され、千光寺にお参りされたり、
帰路もロープウエイで、下山されたり思い思いに過ごされました。
猫好きの方がいらっしゃり、カレンダーにもなった『KEN&GOの人気猫』にはあいにく遭遇出来なかったようですが、美術館での展示や、お伝えした猫の小道・『猫カフェ』には行かれ、お楽しみになられたようです。
お子様連れのご家族も、ゆっくりされ、尾道の桜を満喫されたようです。

ちなみに、『ソメイヨシノの桜』は、5分咲きでしたが、『三春滝のベニ枝垂れ桜』は、満開でした!!

 
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像1
画像2
画像3
画像4
4.尾道商店街散策・お土産

集合場所にて合流し、尾道商店街を散策後、お土産屋さんで、休憩・お買い物となりました。
「尾道ええもんや」と言うお店で、商品も豊富、親切で、お客様からも大好評でした。
事前訪問の際にも,耳より情報やら、いろいろアドバイスをいただき、大助かりでした。
時間があった為、お店の人との世間話で盛り上がりました。
やはり尾道の魅力はこの「おもてなしの精神」ですね!
尾道の他のお店もそうですが、美術館の人もすごく親切で素晴らしいと思いました。

尾道のお土産物も豊富で、尾道ラーメン(保存食)・はっさく大福・はっさくゼリー・はっさくピール・レモンケーキ・尾道プリン・レモンいか天・いか天・でベラ等々迷う程です。
画像1
画像2
5.おのみち海の駅

ほぼ予定通り、16時15分頃出発となりました。
こちらの写真にもありますが、「おのみち海の駅」は、尾道商工会議所に隣接しておりますが、尾道市役所やロープウエー乗り場からも近く、絶好のロケーションと言えます。後方には、尾道大橋も眺めることが出来、今回他の利用者も見当たらず、「我々が独り占めした」状態でした。
画像1
画像2
6.復路  尾道→多々羅大橋→大久野島  サンセット・クルージング

天候にも恵まれ、 帰路のクルージングとして、 因島、三原佐木島や生口島(瀬戸田港)を
眺めながら、船長さんの詳しいガイド付きで、楽しまれました。 
そして待望の多々羅大橋(生口島・大三島)の真下まで到着!! すごい迫力です。 多々羅大橋を通行したり、周辺から眺めたりは何度もありますが、真下からの眺めは、初体験の方が多かったはず! 
日没が迫り、鮮やかでした。

そして、クライマックスが、「大久野島周辺でのサンセット・クルージング」!!
鮮やかな夕日に包まれ、18:00頃から大久野島近辺まで、運航し、沖合で停泊してのサンセット鑑賞!! 素晴らしい夕日でした。 皆さん興奮ぎみで、思わずシャッターもバチバチ!
呉線の車窓や忠海港から大久野島の客船からは夕日を何度も見ましたが、やはりクルーザーからの
サンセットは素晴らしかったです。

あまりにも綺麗だった為、本来は18時頃大久野島に到着予定が、18時40分頃になり、ホテル到着・お客様の夕食時間がぎりぎりとなってしまった点が反省材料でした。

現在、お客様のアンケートを回収中ですが、『クルーズツアーの内容は予想をはるかに超える充実したものだった』との最高のお褒めの言葉を頂き、有難い限りです。 
今後も改善し精進して参りたいと存じます。 
長文となりましたが、ご参考にしていただければ幸いです。

そして、ご参加の皆様、ありがとうございました!!
船長の「せとうちクルーザーの西田社長」にも感謝です!!
「尾道ロイヤルホテル・レストランの方々」や「尾道市立美術館の方々」更には「尾道ええもんやの方々」にも感謝です!!  
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

尾道クルージングツアー・行程表

尾道観光ガイド

尾道市立美術館

尾道ロイヤルホテル・レストラン

尾道ええもんや

MORE

PAGE TOP