ブログ

2021.01.19

最小のキツツキ発見!

411 view

スタッフ名:中山

寒波襲来からしばらく経って、15℃ほどの暖かな陽気に誘われて園地を散歩していると、
「ドッドッドッドッドッ・・・、ドッドッドッドッドッ・・・」という何かを叩くような音が。
音のする方を見てみると、スズメほどの大きさの鳥が桜の木をくちばしで叩いています!
これは・・・「コゲラ」!日本のキツツキの仲間で一番小さい種です。
キツツキというと、木に穴を開けて中の虫を食べているイメージがあるかと思います。
確かにそうする事もありますが、基本的には鳴き声と同じで周囲へのアピールとして木を叩きます。
鳴き声は「ギィー、ギィー」と特徴的です。
色が目立たないので見たことはなくても、鳴き声は聞いたことがある方もいるかもしれません。
意外と街中にもいたりするので、探してみてはいかがでしょうか?
PAGE TOP