ブログ

2020.04.07

春の鳥、ビタキ特集!

1,289 view

スタッフ名:ウ ジヨン

今日紹介する鳥は春の鳥の中でもビタキに分類される鳥の種類です。
画像1
上の写真の鳥はキビタキです。

全長13.5cmぐらいで、オスはカラフルですが、メスは地味な暗緑色をしています。夏鳥としてほぼ全国で繁殖していますが休暇村南阿蘇の周りでは春に見れます。

木の穴、建物のすき間などに巣をつくります。繁殖期、オスはなわばりの宣言と、メスの関心を引く「さえずり」を日の出とともに高らかにうたいあげます。南からやってくる夏鳥の中で、その体の美しい配色と、美しい声でひときわ目立つのがキビタキのオスです。
画像1
上の写真の鳥はコサメビタキです。全長13cmぐらいでスズメよりもずっと小さな小鳥です。

頭から尾までの体の上面は灰褐色、胸・腹は白色です。体の大きさの割に目が大きめで、可愛らしい顔に見えます。アジア北部の森林と、ヒマラヤ地方に分布しています。日本では夏鳥として北海道から九州の平地から山地の、広葉樹や針広混交林にすんでいます。この鳥も南阿蘇では春に見られる鳥です。

主に木の横枝の上に椀型の巣をつくりますが、ウメノキゴケなどを貼り付けて見つかりにくい巣にします。細い声で複雑なさえずりをします。

休暇村の園地でも木の周りに群れている姿を目撃できます。

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP