ブログ

2017.08.23

田貫湖でちょい釣り!!

5,712 view

スタッフ名:松澤 裕大

 本日は、休暇村富士の目の前にある、田貫湖での誰でも簡単に釣れる釣りを紹介したいと思います。
 今回、ターゲットとなる魚は、外来魚として知られている「ブルーギル」です。大きさは、10~20㎝がメインで、最大25㎝位になる魚です。とても好奇心が強く、水面に落ちた物にすぐにとび付いてくるような魚になります。
 釣り方としては、ルアー釣り・エサ釣り・フライフィッシングと、どんな釣り方でも楽しむ事ができます。私がオススメする釣り方は、エサ釣りです。釣具屋さんに行くと、釣竿に仕掛けを付けるだけの簡単な仕掛けも販売しています。エサは、ミミズや練りエサといったものがとてもいいと思います。エサに関しても、釣具屋さんで購入するか、現地で調達することも出来ます。「ブルーギル」は、とても口が小さいので、針にエサを付ける時は、小さく付けてあげると釣りやすくなること間違いないです。
 釣竿は、リールの付いた竿、長く伸びる延べ竿何でも大丈夫です。もちろん、100円ショップで販売されている100円の釣竿セットでも十分に「ブルーギル」を釣る事は出来ると思います。
 田貫湖で釣りをする際には、遊漁券が必要になります。大人1日券700円・子供(中学生以下)一日券100円になります。是非、休暇村富士にお越しの際には、田貫湖でちょい釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 こちらは、北側バンガローサイトの前の桟橋から撮影した写真になります。ここは、ブルーギルの隠れ場所となる、アシが生えている最高のポイントになります。桟橋からアシの手前に仕掛けを投げれば、釣れること間違いないです。
 仕掛けは、釣り具屋さんにいくと、針・ウキ・糸がセットになっている仕掛けが販売されており、大変便利です。竿は、延べ竿・リール竿といったお好きな竿で、ブルーギル釣りが楽しめます。
PAGE TOP