グルメ

2020.07.01

7月2日は、うどんの日って知ってますか?明日は、どこ行こ・・

95 view

スタッフ名:田中

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
1980年の7月2日に、香川県生麺事業協同組合によって制定された「うどんの日」。
うどん県民でも知らない人が多いと思います。
香川県では、田植えが終わる半夏生に、労をねぎらってうどんを食べる習慣があります。
そう、7月2日は、讃岐うどんを食べる日なのです。(ほぼ、毎日食べてるやん)

明日に備えて、今日から「趣味レーション」しとかないと・・・
ということで三木町にある「手織りうどん 滝音」さんをピックアップします。
いやいや、「手打ち」のうち間違えではなく「手織りうどん」です。

讃岐うどん特有の足ふみをするのではなく、生地を織っては寝かせを何度も繰り返し、重ねていく製法です。大体1244枚の層を作ります。
「まるで、うどんのミルフィールや~」って彦摩呂さんが言いそうですね。
ここにも、メニュー表に「まかないぶっかけ」が。「まかない」が一番高額なメニューに。
他店で言う「温玉肉ぶっかけ」にあげとわかめとかまぼこがプラスされています。
おススメの「まかないぶっかけ」をいただきます。
肉が豚肉なのが、なんかいい。最近、豚肉を使う店舗も多くなっている気がします。



 
手織り麺は艶やかで、シルクの様な口当たりでのどごしの良い麺に仕上がっています。約1,244層が確認できますか?明日は、是非「滝音(たきね)」さんで、日々の労をねぎらってください。
PAGE TOP