旅行記

2017.10.19

香川町巡り~「讃岐を支えた塩の町」 宇多津町編~

736 view

スタッフ名:中込 龍太

「讃岐三白」ご存知ですか?
突然ですが皆様、「讃岐三白」という言葉をご存知でしょうか。
これは、香川県の産業を支えてきた三つの産出物を指しており、
それぞれ「塩」・「小麦」・「砂糖」となっております。

これを全て使ったのが香川を代表する食、「うどん」というわけです。
「うどん県」とまで言われるようになったのには、名産品が関係していたわけです。

 
画像1
画像2
画像3
画像4
~讃岐文化探訪~製塩技術を学ぼう!「宇多津海ホタル」館へ
さて、今回はその讃岐三白の一角を担う「塩」の名産地、宇多津町へと旅をしてきました。

まず訪れたのは塩の製法を今に伝える場所、「宇多津海ホタル」に復元された「入浜式塩田」です。
海水を濾し、塩分を凝縮させて塩を作る方法とは、
人類史ではもっとも有名、かつ長く使われてきた製法ですね。
この「海ホタル」館では、実際に復元された塩田や記録された映像を見ることで
宇多津伝統の塩造りを追体験することが出来ます。

さらに、申し込み制ですが実際に塩作りを体験も出来るとの事。
興味のある方はぜひ、一度体験してみてはいかがでしょうか?
 
~散歩でTlaveling!!~「恋人の岬」で永遠の愛を…
画像1
画像2
画像3
画像4
続いて散歩を続けると、瀬戸内海と瀬戸大橋を望む海岸に佇むモニュメントを発見。
説明を見ると……「恋人の聖地」との記述が!
独り身で来てしまって良かったのだろうか、とビクビクしながら周囲を見渡すと、
他にも鍵が大量につけられたベンチや門が見つかりました。

どうやら、愛し合う二人の仲が永遠に「解けない」ために鍵をかけていくんだとか。
ロマンチックなオブジェたちは、きっとこの先も幾千・幾万の恋人達を見送っていくのでしょう……
過去から未来へと受け継がれていく伝統技能と、
今を生きる、多くの愛し合う恋人たち…

この場所の魔力か若干ポエミーなまとめになってしまいましたが、
文化に名スポットと、宇多津町の魅力の一端に触れられた一日でした。

 
PAGE TOP