ブログ

2021.06.20

【香川再発見】 金運アップの砂絵と路地裏散策

296 view

スタッフ名:立田

画像1
今回紹介するのは、観音寺市の琴弾公園内にある「銭形砂絵」です。
琴弾山を登った先に展望台があり、そこを見下ろすと巨大な「銭形砂絵」が見られます。
有明浜で描かれた砂絵には「寛永通宝」という文字が書かれています。・
「銭形砂絵」は東西122メートル、南北90メートル、周囲345メートルあります。
寛永10年(1633年)に藩主生駒高俊公を迎えるために、地元の人たちが一夜で作られたと言われています
この砂絵を見た人は健康で長生きができ、お金に不自由しないといわれて言います。
夜には日没から22時までのライトアップもされています。
通常はグリーンですが、期間限定でゴールドやブルーにライトアップされます。
香川にお越しの際は、ぜひ銭形砂絵「寛永通宝」を見に来てはどうですか?
画像1
画像2
画像3
画像4
砂絵を見た後は、観音寺の路地散策はいかがでしょうか。
裏路地にあるかまぼこ屋「山地蒲鉾」。明治40年創業の老舗です。
えびやたこ、ねぎなどの具材を使った天ぷら(揚げ蒲鉾)を販売しています。
寛永通宝の焼き印の入った金運アップ天もあります。
天ぷらを片手に、路地裏散策を楽しみませんか。
PAGE TOP