ブログ

2021.06.04

幸せを呼ぶ「島津雨」♪

166 view

スタッフ名:イム

今年もいつの間に梅雨を迎え、雨が降り続く毎日です。普通雨といえば、雨雲の憂鬱なイメージが強いと思いますが、実は鹿児島では、雨が降るとめでたい事の前兆であるとされているのです!

それを「島津雨」と呼びます。「島津雨」は主に鹿児島で使われており、地域によっては「薩摩雨」と呼ぶところもあります。
例えば、県外のお客様を迎える時や結婚式、祝い事などによく使われます。

鹿児島は明治維新まで島津氏という大名によって治められており、その島津家の初代である島津忠久が生まれた時に雨が降っていたことから、「雨=縁起がいい、めでたいことが起きる前触れ」と思われるようになったといいます。

今鹿児島に来ると毎日幸せなことが起きるかもしれませんね♪
もし来られた時は是非休暇村指宿をご利用ください^^
PAGE TOP