電車の旅

はねうまラインで行く☆高田ぶらり散歩

はねうまラインで行く☆高田ぶらり散歩
はねうまラインで行く☆高田ぶらり散歩

ここでしか出会えない自然豊かな風景、グルメ、温泉、お土産など・・ローカル線ならではの旅を楽しみませんか?
豪雪地高田では「雪との共存」するべく、昔から街づくりに様々な工夫がされてきました。ノスタルジックな建物、お宝をさがしてみましょう。

☆モデルコース☆(所要時間は目安です) 休暇村妙高発10:00(送迎バス)→関山駅発10:32(電車)→高田駅着11:09(徒歩10分)→雁木通り、高田世界館(徒歩20分)→イレブンプラザ内でランチ(徒歩20分)→余裕があれば・・高田公園へ→高田駅発14:39発(電車)→関山駅着15:17→休暇村妙高バス迎え15:25
☆見どころ☆ 高田世界館・・日本に現存する最古級の映画館です。レトロな映写室などは上映の合間に見学可能。
雁木通り・・家の前に出た庇のことで、雪国の知恵。日本一の総延長の雁木が残っています。
高田公園・・外堀を巡る遊歩道や美術館、スポーツ施設があります。桜や蓮の花の季節は多くの観光客が訪れます。

周遊バスで妙高満喫♪

のんびりバス旅しませんか?

のんびりバス旅しませんか?
のんびりバス旅しませんか?
のんびりバス旅しませんか?
のんびりバス旅しませんか?
のんびりバス旅しませんか?

公共交通利用のお客様に便利な周遊バスのご案内です。
休暇村を基点に、いもり池や苗名滝などを周遊する「観光周遊バス」が4月29日から運行を始めます。お得な周遊料金チケットを購入すれば、妙高高原エリアのバスはすべて乗り放題です。(6月上旬頃まで一部ルートを変更して運行いたします。詳しくはフロントでご案内いたします)

周遊チケット料金 大人1,000円
小人 500円
運行期間 平成30年4月28日~11月上旬
妙高高原の魅力を発見!

苗名滝

日本の滝百選。轟音とともに流れ落ちる様子は別名「地震滝」と呼ばれています。

いもり池

妙高山ウォッチングのメッカ!四季を通し美しい妙高山を眺められます。

妙高高原スカイケーブル

志賀高原の山並み、野尻湖などを一望できるスカイケーブル。山頂まで行くと散策コースがあります。

赤倉温泉

「殿様の湯」ともいわれた開湯200年の歴史ある温泉です。足湯公園や日帰り入浴施設もあります。

燕温泉

乳白色の硫黄泉が特徴の「秘湯」です。無料で入浴できる「黄金の湯」「河原の湯」は登山者にも人気があります。

ランドマーク温泉カフェ

売店、休憩、日帰り入浴施設を有する妙高のランドマーク。

笹ヶ峰直行バス

雲上の楽園♪笹ヶ峰へ

雲上の楽園♪笹ヶ峰へ
雲上の楽園♪笹ヶ峰へ
雲上の楽園♪笹ヶ峰へ
雲上の楽園♪笹ヶ峰へ
雲上の楽園♪笹ヶ峰へ

標高1300m、雲上の楽園「笹ヶ峰高原」では森林セラピー基地に認定されているトレッキングコースやドイツトウヒの森、のどかな牛の放牧風景などが楽しめ、大自然を全身で満喫することが出来ます。
笹ヶ峰直行バスは妙高高原駅から乗り換えなしで観光地である「いもり池」や「笹ヶ峰」へ行くことができるバスです。

笹ヶ峰直行バス 平成30年 7月1日から10月28日まで
料金:妙高高原駅~笹ヶ峰まで料金一律
   大人 1,000円
   小人 500円      

「笹ヶ峰直行バス」モデルコース

「笹ヶ峰直行バス」モデルコース
「笹ヶ峰直行バス」モデルコース

①休暇村発9:01⇒いもり池着9:35⇒(乗り換え)いもり池発9:44⇒県民の森10:14下車(笹ヶ峰牧場~乙見湖休憩所まで散策)乙見湖バス停発16:05乗車⇒妙高高原駅着16:50着⇒妙高高原駅から、トキめき鉄道乗車17:07発⇒関山下車17:15(事前にご予約いただくと、休暇村送迎バスで駅までお迎えいたします)

モデルコースについて ※休暇村妙高からいもり池までは「ぶらっと妙高山麓線」を利用、いもり池から県民の森までは「笹ヶ峰バス」を利用いたします。

妙高高原ライナー

上越妙高駅から出発!妙高高原ライナー

上越妙高駅から出発!妙高高原ライナー
上越妙高駅から出発!妙高高原ライナー
上越妙高駅から出発!妙高高原ライナー
上越妙高駅から出発!妙高高原ライナー
上越妙高駅から出発!妙高高原ライナー

上越妙高駅と苗名滝を結ぶ「妙高高原ライナー」。途中、道の駅あらい、いもり池、直売せセンター、赤倉観光リゾートなどを経由します。

妙高高原ライナー 運行期間:平成30年7月1日~11月4日
料金:上越妙高駅~苗名滝1,300円
バスは東口4番乗り場から出発します。
PAGE TOP