ブログ

2018.07.15

男体山登拝講社大祭!!

1,095 view

スタッフ名:菊地  将

登拝祭は、二荒山神社中宮祠最大の祭の、今から1,200年以上前の奈良時代末より連綿と続く祭りです。毎年7月31日から8月7日までの8日間行われ、神社境内は登山者や参拝者で賑わいます。
祭りの中心は「男体山登拝」と「ご内陣参拝(ご本殿内のご神像奉拝)」の二つです。「ご内陣入り参拝」は、この期間に限りできる日本で唯一の特殊参拝です。
また、男体山登山口はこの期間午前零時に開けられ、夜間の登山ができ、山頂でご来光を仰ぐことができます。頂上の奥宮も開けられます。
県内外から約2,000名の方が真夜中の登山に挑み、ご来光を堪能できます。午前4時頃から視界が開け、4時40分過ぎから厚い雲海から赤い光が現われ、息をのむ美しさです。
 
詳細
 ●7月31日(午後より)・行人行列、子供みこし、稚児行列、深山踊りコンテスト
・午前0時より男体山登拝開始
●7月31日~8月1日
・深山踊り(19:00~22:00)、奉納花火(21:00~)、大抽選会(8月1日)
●8月4日
・第52回扇の的弓道大会(参加自由)
●8月5日
灯篭流し
 
PAGE TOP