ブログ

2021.02.09

奥日光の現在の積雪状況

1,267 view

スタッフ名:藤本

皆さま、こんにちは。
本日は全国的にも記録的な積雪がありますが、いかがお過ごしでしょうか。

休暇村日光湯元がある奥日光は、朝から現在もずっと雪が静かに降り続いていて、木々や湖周辺を覆っているところです。
雪が降っている真っ最中は空が薄暗いですが、翌朝に雪が止んだら、積もった雪が日光に反射してとてもきらきら光って綺麗に見えるんですよ。
そんな綺麗な奥日光ですが、皆様がお住いの地域より10℃前後寒いところなので、来られる時は雪を防げるような暖かい格好でお越しくださいね。

さて、今回は現在のホテル周辺の積雪状況をお伝えしたいと思います。
これはホテルに向かうとき・ホテルから出るときに皆様が通る道路です。
緩やかな坂になっていて、気温が高い日が数日続かないとこの雪は溶けません。
踏み固まって滑りやすいので、お気をつけください。
園地内の写真です。
木と木の間は、歩ける道の数倍積もっていて、スノーシューがないと歩くのが難しいです。
木と木の間の道に足形をつけてみました。
雪が深いところを歩くときは、スノーブーツが必要です。
湖畔橋というところから、湯ノ湖を臨んだ様子です。
木の根元が雪で埋まっているので、積雪が深いことがよくわかります。
湯ノ湖は全面凍っているわけではなく、このように水面が見えるところもあります。
白樺の幹についている緑色のカビのようなものは、「地衣類」というコケの仲間です。
白樺は標高約1,400~1,500mのところに生息する木で、地衣類はその綺麗な空気の中の微生物を食べて生きています。
奥日光の雪はさらさらのパウダースノーなので、園地で遊んだりスキーを楽しみに来られてはいかがでしょうか。
きっと非日常な体験をしていただけることと思います。
(当館のスキーレンタルはご宿泊の方のみとさせていただいております。)

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP