ブログ

2019.09.20

街中のガラス工房

154 view

スタッフ名:鳥居

 こんにちは!
本日皆様にご紹介するのは、高松市内・街中にある、さぬき庵治硝子工房です。
「讃岐の山でうまれた庵治石をガラスに溶かしたら瀬戸内海の色になりました」
という心惹かれる素敵なフレーズをテーマに、
大きさも種類も様々な作品を作製されています。
 小さいものでは一輪挿しの花瓶やお箸置き、
もう少し大きいものになると、
ロックグラスやキャンドルホルダーなどがあり、
綺麗なブルーの作品が棚を彩っています。
今回私が友人へのギフトにチョイスしたのは、
コロンとした丸いフォルムが可愛らしい
ブルーのお箸置きです。
素敵な商品紹介のカードと共に想いをこめて・・・♪
海や空を背景にすると、綺麗な青色がより引き立ちます。
 綺麗な瀬戸内ブルーのガラス用品、ご自宅用やギフトにいかがでしょうか?
これから香川県に来られる際は、ぜひ足を運んでみてください♪
■さぬき庵治硝子工房
■〒760-0067 香川県高松市松福町2-2-17 [Google Maps]
ローソン松福2丁目店の西側
■土・日・月のみ 14:00〜17:30 OPEN
■HP http://aji-glass.jp/
PAGE TOP