グルメ

2019.09.29

「うどん愛」・・・だけじゃない香川県

176 view

スタッフ名:木村

…っと、いうのは
「香川県といえば、うどんですね♪」
と誰もが口を揃えて言われるフレーズですが
本当に「うどん」だけが押しなのか?!色々なランキング調査をしてみました。
もちろん!うどん消費量のランキングは全国首位を守り続けていますが
農林水産省の海面漁業生産統計調査からタコ漁獲量ランキングで、
香川県は、2013年に全国第3位になりました。
タコ漁獲量は33,700トンで、漁業就業人口1人あたり0.17トン。
1人あたり漁獲量が最も多いのは北海道で0.53トン。
2位は兵庫県で0.52トン。わが香川県は0.37トンで3位でした。

また、総務省の家計調査から都道府県別タコ消費量ランキングでは、
家計調査は全国から9000世帯を抽出して調査しており、
この中から単身世帯を除いた二人以上の世帯の購入量を調べ、
一般世帯における購入量と消費量はほぼ同じと考えてここでは消費量として…
 
2016年のタコ消費量の1世帯あたり全国平均は年間685gで
消費量が最も多いのは香川県で1,001gで全国ナンバーワン♪
僅差の2位は…たこ焼き文化の大阪府で1,000g。
…と、ナント!おもしろい結果でした♪
「うどん愛」だけではなく「タコ愛」にもあふれた香川県なんですね!
香川県の農村では古くから、吸盤で吸い着く力の強いマダコを
「苗の根づく力や稲の枝分かれ」になぞらえて、
田植えはじめの日や田植えじまいの日などに食べる風習があります。
県内のタコ漁は、伝統的で「タコ縄漁」「タコつり漁」「底引き網漁」という、3通りの漁法で獲っています。
タコの中でも特に足(腕)が太い「マダコ」は備讃瀬戸で獲れるものは「立って歩く」と言われるほど、足が太く身がしまっているのが特徴です。また、ワタリガニやエビなどを食べているため身がほのかに甘く、プリプリコリコリとした歯ごたえと共に楽しめます。良質なタンパク質を持ち、タウリンが豊富なため、疲労回復に効果があるとも言われています。
画像1
画像2
画像3
画像4
当館でも10月末まで、香川の地蛸と秋の味覚をお楽しみいただける会席をご用意しております。
地蛸のお造りはもちろん、焼きしゃぶや天ぷらや釜飯など、地蛸を存分にお楽しみいただけます。さらに香川の県魚『ハマチのカルパッチョ』や『オリーブ豚のホイル包み』もおすすめです。ぜひ、この機会に香川県の地蛸をお召し上がりください。
 
また「うどん愛」だけではない「タコ愛」にもあふれた香川県には
うどん以外にも、まだまだありますので、また紹介させていただきますね♪

(参考:都道府県別統計とランキングで見る県民性/うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」)

~かがわの地蛸秋色会席~

PAGE TOP