グルメ

2020.02.09

さぬきの夢 さぬきの風

301 view

スタッフ名:田中 朋広

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
「さぬきの夢」「さぬきの風」・・・なんともメルヘンチックな書き出しですが、小麦粉のお話です。
香川県のうどん屋さんのほとんどが、オーストラリア産の小麦粉を使用しています。
香川県産小麦粉として、うどん用に開発されたのが「さぬきの夢」。
「さぬきの夢2000」(香育20号)、「さぬきの夢2009」(香育21号)と試行錯誤を繰り返し、新ブランド「さぬきの夢」として使用する店舗も増えてきています。なかなか、扱いの難しい小麦粉の為、加水量や熟成時間を正確に行い丁寧につくる必要があります。店主の腕の見せ所です。
「さぬきの風」は、日清製粉坂出工場から新世代の讃岐うどん専用小麦粉として誕生した商品です。さぬきの夢と北海道産小麦をコラボさせ、最高のモチモチ感と強靭なコシを売りとしています。

前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは「さぬきの風」を使用しているうどん屋さんです。
昨年、11月7日にオープンした「セルフうどん 屋島」。
屋島のすぐ麓にあります。定番メニューに加え、とろろ昆布入り「おぼろうどん」や地元屋島で採れた生わかめたっぷりの「生わかめうどん」などが人気です。さぬきの風のモチモチ感を是非味わって見てください。




 
PAGE TOP