ブログ

2019.04.25

芝(の)桜のものがたり

1,254 view

スタッフ名:内山

桜は咲き始めから通常1週間程度で満開になり、そこから1週間程楽しめると言われています。
蒜山高原ではここ2日間の雨で桜も散り始めましたが、桜の楽しみが終わったわけではありません。
広大な芝生に降り注いだ桜の花びらは、まるで散ってもなおその美しさを地面で咲かせようとしているかのような終わりの物語を語りかけてきます。

茶色くなった芝生に降り注ぐ雪景色の風情とは異なり、新しい命が芽吹こうとする力強い緑に、最後の力を振り絞るかのような桜がそっと寄り添ってできるこの景色は、なんだか儚く切ない有終の美しさのようなものを感じさせてくれます。

もちろん多年草の芝桜とは違いますが、休暇村へお越しの際は、この芝の桜・通称「休暇村の芝桜」の目線でお散歩いただくと楽しみが広がります。
ちなみに優柔不断な私は、満開の桜も好きですが、こんな桜の終わりも大好きです。
PAGE TOP