ブログ

2017.07.13

だいせん登山道の最新情報~梅雨明け間近

1,711 view

スタッフ名:久保昌之

7月11日(火)現在のだいせん夏山登山道の最新情報をお知らせします。
 
午前9時の大山寺の天候  曇時々晴れ  気温25℃  風力5~7m/s
午前11時の山頂の天候  ガス   気温18℃  風力10~20m/s
 
「小暑」(梅雨明けが近付き、暑さが本格的になるころ。)が過ぎ、今日も
米子市内では30℃越えとなったようです。
大山寺付近では結構風が強く、スタートしてからも風が心地よく、お陰で
ブトもほとんど出てこなくて、登る条件としては良かったようです。
日本海上の梅雨前線が徐々に南下してきて、西風が吹き込んできたため
7合目を過ぎて、草鳴社ケルンを少し上がった場所からかなり風が強くなり、
山頂手前付近では、瞬間風速で20m/s程度は吹いていました。
 
今年の梅雨は例年以上に降水量が多く、特に九州地区では甚大な被害が
出ているようですが、ここ大山においては特に被害は出ていません。
特に雨が降った後の沢とかには注意してお入りください。
 
お花の状況ですが、ようやく夏の花が咲き始めてきました。
まず大山寺付近では「ホタルブクロ」が咲き始めて、「ユキノシタ」が満開。
「エゾアジサイ」が満開で、4合目付近まで咲き揃ってきました。
7合目付近まで「シモツケ」が咲いていて、山頂付近では「オオバギボシ」、
「ネバリノギラン」、「イヨフウロ」などが咲き始めています。
 
まだ「ナンゴククガイソウ」の花穂は出ていませんが、まもなくだと思われます。
 
今日は登っている時に4合目までで、「ヒメボタル」を4匹見つけました。
風か強いために休む場所を探していたようです。
 
6合目までのブナ林では「エゾハルゼミ」がうるさいぐらいに鳴いていて、
足元にはブナの実が足の踏み場がないぐらいに落ちています。
今年はブナの実は何年かに一度の豊作のようです。
 
8合目手前ぐらいまでは下界の景色も何とか見えましたが、梅雨時の
雨の中を歩いても、今の時期は見られるものがたくさんあり、山歩きを
楽しんでもらえると思います。
 
常連さんと何人かお会いしましたが「今日は風があって、虫が出てこんから
楽だわ。」と話をしました。通常登る時はブトがかなり出ますので
虫除けスプレーなどの虫対策をしてきてください。

大山の夏山登山道においては、泥濘地がほとんど無いために、よほどの
大雨でない限りはスパッツは不要です。ズボンの裾が汚れる方は、
歩き方が間違っている可能性があります。
足の運び方を再度勉強されたら、この問題は解消されると思います。
 
日本山岳ガイド協会 認定登山ガイド 久保昌之
 
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
PAGE TOP