ブログ

2019.10.11

カラスガセン登山道の最新情報~烏ヶ山登山ツアー~

6,381 view

スタッフ名:久保昌之

10月7日(月)現在の大山山系の烏ヶ山の最新情報をお知らせ

午前9時の鏡ヶ成の天候(標高920m) 晴れ  気温14℃
お昼12時の山頂の天候     晴れ時々くもり 気温11℃
 
一気に気温が下がり始め
二十四節気でいう「寒露」を迎えました。
これは露が冷気によって凍りそうになる頃という意味で、
10月9日の朝方には鏡ヶ成でも9℃まで気温が下がり、
本州では岩木山で初雪が観測されました。
台風19号が接近していることもあり、
週末から来週にかけてはさらに朝晩の寒暖の差が
はっきりと出てくるようになると思われます。
 
キャンプ場からのルートですが
登山口から入って20分ほどは杉の植林帯を歩きますが、
そこを過ぎると本来の山の登山道が始まります。
 
敢えて去年からは草刈もやめて、
チマキザサが生い茂る登山道を歩いていきます。
朝露で濡れた登山道で、
いかにも「山を歩いている」感覚が味わえる登山道です。
 
以前にもこのレポートに書きましたが、
亡くなられた田部井淳子さんが
朝露でズボンが濡れる登山道が
本当に少なくなったと嘆いておられました。
 
どちらが正解かはわかりませんが、
烏ヶ山はまだまだ本来の山の登山道が
残された数少ない山と言えるようです。
 
そういう見方でみると非常に
マニアックな山だとも言えると思います。
 
今年の紅葉ですが、
やや遅れ気味だったのが週明けぐらいから一気に
色づいてくるようです。
大山の5合目付近であと
1週間から10日程度が見ごろとなるようです。
烏ヶ山ではまだまだお花が咲いています。
 
リンドウ、
ウメバチソウ、
イブキトラノオ、
リュウノウギク、
シラヤマギク、
センブリ、
マツムシソウなど
 
これからの時期は天気が良くても
必ず雨具はお持ちください。
同じ「晴れ」予報でも温度がかなり違いますので、
雨具が防寒用で使えます。

また日の入りが随分と早くなっていますので、
下山予定時刻が早くてもライトはお持ちください。
 
登山というのは楽しいスポーツですが、
同時に危険も伴います。
安全に登れるようにお気をつけください。
登山道では多くののキノコを見つけました。
画像1
画像2
画像3
画像4
烏ヶ山(カラスガセン)
鏡ヶ成キャンプ場側登山口
空は秋の雲
朝露残るクマザサを
かき分けて進みます。
途中の沢で
沢歩きの講習を実施しました
登山道の途中で見つけた
カエンタケ
非常に危険なキノコです。
けっして触る事なきよう
標高1200m付近
ここまで来ると
眼下が開けてきます
標高1300m付近
クマザサをかき分け進みます
両端は切り立っています。
足元の木の根に
気を付けて進んで下さい。
南峰直下の難所
ここらしばらく
難易度がぐっと上がります。
南峰直下の難所 ロープ場
ロープ場では
しっかりと肘を伸ばして
登って下さい。
肘を曲げるとサイドに
振られ不安定になる
原因となります。
新小屋別れ分岐地点
上にはSNS『ウタダイワ』
南峰山頂はもうすぐ
南峰山頂から望む
烏ヶ山山頂(北峰)と
奥にそびえる大山
烏ヶ山登山ツアー
山頂へ無事登頂しました。
10/16にも
1ツアー設定がございます。
まだ若干名余裕が
ございますので
ご予約下さい。

ネットから登山届 コンパスはこちらから

PAGE TOP