ブログ

2020.02.23

【星取県】先取り3月の星空情報 太陽系の惑星たちに注目

1,106 view

スタッフ名:杉村康之

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

火星が木星、土星に接近(2020年3月)

3月の夜空は火星の動きに注目

3月に入ると、夜明け前の東の空に、
火星、木星、土星の3つの惑星が、
同じくらいの間隔で順番に
昇ってくるようになります。

惑星は星空に対して位置を変えていきますが、
今月、3惑星はすべて星空の中を東へ動いていきます。
特に、火星の動きは木星や土星に比べ速いのが特徴で
大きく移動するので、3つの惑星の位置関係も、
みるみる変わっていきます。

月初めには3つの惑星の中で
最も西側に位置していた火星は、
日ごとに木星に近づき、
20日から21日にかけて最も接近します。
この2日間、木星と火星の見かけの距離は、
満月1.5個分ほどまで縮まります。
明るさや色の違いを比較するには
絶好のチャンスとなります。

木星と火星が並んで輝く様子は
ひときわ際立って見えるかと思います。
さらに火星は、日ごとに東へ移動し
土星に近づいていきます。
3月31日から4月1日にかけては、
火星と土星の見かけの距離は、
満月2個分ほどまで縮まります。
明るさがまだ約1等と星空では
それほど目立たない火星ですが、
10月の地球最接近の頃は
マイナス2.7等まで明るくなり、
とても見つけやすくなります。
ところが、その頃には、
見かけの動きは逆に小さくなり、
位置の変化は分かりにくくなります。
また、星が見えづらい街中では、
星座に対する火星の動きを
観察するのは難しいかもしれません。
他の明るい惑星が目印になるこの時期に、
ぜひ早起きを習慣にして、
火星の動きを観察してみませんか?
画像1
図は、15日の午後8時頃に、
南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、
月末は午後7時頃に同じような星空になります。

#星取県 休暇村流れ星観測数 2年連続No.1の星降る宿

駐車場無料・天然雪のゲレンデ・雪遊び放題♪・休暇村奥大山
PAGE TOP