ブログ

2020.02.28

あの輝きは何?

1,119 view

スタッフ名:久保田 哲也

米子市内はいたるところから
大山を見上げることが出来ます。
先日、夕日に照らされる大山山頂を
仰ぎ見ると、強く輝く点に気がつきました。
大山のことなら何でも知っている
登山ガイドの久保さんに聞いてみたところ、
山頂避難小屋の屋根に設置されている
ソーラーパネルが反射しているとの事でした。
時期によって照り返しを
見られる場所は変わりますが、
冬季は避難小屋が雪に埋もれている為に、
照り返しを見ることがありません。
珍しいことのようです。
大山山頂は冬季入山禁止な場所です、当然今年も進入禁止です。
 
米子市内から
見上げる大山は
なだらかな三角形の山に見えます。
北側と南側から見たときと異なり、
西側から見ると富士山に似ていることから
伯耆富士(ほうきふじ)呼ばれます

輝きの正体は




避難小屋の
ソーラーパネルでした。

【大山工事関連】冬期のお知らせはこちら

PAGE TOP