ブログ

2020.06.24

【星取県】先取り7月の星空情報~七夕と天の川~

862 view

スタッフ名:亀崎

7月7日は七夕。伝説では年に一度、おりひめ星とひこ星が
天の川を渡って会うことのできる、特別な日です。
7月7日の夜に短冊をかざし星に願いを掛ける人も
多くいらっしゃることでしょう。

そんな有名な七夕ですが7月7日か8月7日に行う人に
分かれる事と思います。

なぜこんな面倒で摩訶不思議な事になっているのかというと、
それには太陰太陽暦が非常に複雑にk関与しているのです。
本来、七夕は旧暦七月七日に行われていました。
これは現在の新暦で表すと8月20日あたりになります。
そう、8月7日というものは意外と厳密な意味を持っておらず、
いわばもともとの季節感に合わせたいという思いからこの日付になったのです。

天体にはふと見上げるだけでも目を惹かれる美しさがありますが、
少しだけでも背景を知ってから見上げると、楽しさはよりいっそう深まります。
 

7月7日おりひめ星、ひこ星を見つけよう

画像1
7月7日前後の午後9時過ぎ、東の空を見上げると、
いくつか星が見つかります。
とくに明るい2つの星が「おりひめ星(織姫星、織女星)」と
「ひこ星(彦星、牽牛星)」です。
北寄りにあり、先に昇ってきて高いところに見える
明るい方の星がおりひめ星です。

おりひめ星は西洋の名前で言うと「こと座」の「ベガ」、
ひこ星は「わし座」の「アルタイル」です。
さらに、おりひめ星とひこ星のほかにもう一つ明るい星が、
左の方にあります。
「デネブ」と呼ばれる「はくちょう座」の星です。
これら3つの星は星々の中でもとくに明るい「1等星」で、
3つを結んでできる大きな三角形が「夏の大三角」です。

ところで、7月7日は広い地域で梅雨の最中ですが、
七夕の星は七夕の日にしか見えないわけではありません。
7月7日を過ぎてからでもほぼ同じような星空を見ることができますし、
8月にもなれば梅雨も明けているはずです。
 
2020年は7月21日と8月19日が新月で、
この前後のころには月明かりの影響も小さくなり、
デネブから夏の大三角を通ってベガとアルタイルの間を流れる
「天の川」が見やすくなります。
アストロアーツさんより引用
みずがめ座流星群
7月15~8月20日頃に活発になる流星群で、
1時間で10個ほどの流れ星が見られます。
今年は2020年7月28日頃の予想(年によりますが7月末には極大になる)
月明かりの影響が少ない、23時~夜明けまでが観測のチャンスです。
星を眺めることが少ない方にとって、七夕は良い機会です。
是非、星取県の休暇村奥大山へ足をお運び下さい。
満天の星空は皆様の期待にこたえてくれることと思います。
 

星取県のスターウォッチングプラン 星空を楽しむ 週末限定お得

#星取県 休暇村流れ星観測数2年連続No.1星取県の星降る宿

PAGE TOP