ブログ

2020.08.21

【星取県】先取り9月の星空情報~太陽系の惑星と月を楽しむ~

2,083 view

スタッフ名:杉村康之

9月6日の深夜から7日の明け方、東から南の空で月と火星が接近

9月の明け方、南西の空では、
急激に明るくなった
火星が存在感を増してきます。

9月6日の深夜から7日の明け方、
東から南の空で月齢18の月と
火星が接近して見ることができます。

10月に地球と最接近する火星は
マイナス1.9等級と非常に明るくなり、
赤っぽい色がますます
目立つようになっています。
21時から22時ごろには
東の空に上がってきます。
その後も火星は、
10月6日の地球との最接近へ向けて
ますます明るさを増してゆきます。
9月末にはマイナス2.5等に達します。

この頃から11月上旬までは、
も大きく、表面の様子を望遠鏡で
観察するチャンスとなっていきます。
画像1
アストアーツさんホームページより引用

アストロアーツ 火星特集ページはこちら

9月25日~26日 月が木星、土星に接近

9月の宵、南の空では、
夏の星座を背景に
土星と木星が
仲良く並んで輝いています。
0等台で比較的穏やかな輝きの土星と
マイナス2.5等前後で強く輝く木星
とのコントラストは、興味深い眺めです。

25日から26日にかけて、
この2つの惑星の近くを
月が通り過ぎていきます。
25日、上弦を過ぎたばかりの月が、
木星の下(南)側で最も近づきます。

翌26日、月は東に大きく動いて、
月、土星、木星がほぼ等間隔に並びます。
木星と土星の動きは小さく数日間では
位置関係はほとんど変わらないため、月
の動きの大きさが実感できるかと思います。
画像1
国立天文台ホームページより引用いたしました。

星取県の星空をガイトと楽しむ宿泊プランはこちらから

PAGE TOP