旅行記

2019.01.25

“三國湊”をゆく・・・Vol.3

346 view

スタッフ名:浅野

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
第72代横綱・稀勢の里が引退してしまいました!私と同じ茨城県出身の横綱ということで、福井からテレビの前で応援していたのですが・・・・・・・すでに元横綱・稀勢の里は年寄「荒磯」を襲名しています。「荒磯」といえば、休暇村越前三国の温泉は“荒磯の湯”、目の前の海岸線の遊歩道は“荒磯遊歩道”、三国町出身の作家・高見順氏は“おれは荒磯の生まれなのだ・・・”等、なぜか「荒磯」とは縁があるようですね。このような縁を感じて、荒磯親方が来てくれないかな~と願っています。ちなみに「荒磯」は一般的には「あらいそ」と読みますが、万葉集などでは「ありそ」と詠んでいます。元横綱・稀勢の里は「あらいそ親方」ですが、休暇村の温泉や遊歩道は「ありその湯」「ありそ遊歩道」です。ブログがちょっと脱線してしまいしたが、今回はレトロな雰囲気が漂う“三國湊きたまえ通り”を歩いてきました。写真をアップした順に「三国湊座」~「マチノニワ」~「旧岸名家」~「元新区山車蔵」~「旧森田銀行本店」です。カグラ建てという独特の古い町家が軒を連ねていて、タイムスリップしたかのようないい雰囲気です。時間があればもっと先まで歩いてみたかったのですが・・・・・・またカメラ片手に歩いてみます。(個人的にはクルマでは絶対通りたくない細い道なので、駐車場にクルマを停めて歩くことをおすすめします。写真でアップした店舗や見所はまたの機会にブログで紹介していきます。)
きたまえ通り入口です。クルマだと対向車がきたらちょっと困る細い路地裏の道です。(→右記駐車場参照)
きたまえ通りの近くに“三国湊駐車場”があります。商工会館前にある無料駐車場です。無料駐車場はいくつかありますが、ここは広くて駐車しやすいです。
PAGE TOP