ブログ

2017.12.19

油揚げの新常識!?驚きの福井での食べ方

724 view

スタッフ名:九州生まれの矢津田

画像1
画像2
皆様は油揚げにどのようなイメージを持っていますか?
油を抜いて細く切って、お味噌汁の具に…
煮て開いて酢飯を詰めて、おいなりさんに…
和え物の具にもなりますよね。
こうした食べ方は、総じて「揚げにたれをしみこませる食べ方」であったり、
なにかと食事の添え物としての食べ方であったりすると言えます。
 
しかし、ここ福井では油揚げを主役とした食べ方があるんです!
 
今回は私が初めて食べて感動したお店をご紹介します。
 
【どうぐや】という、元道具屋さんが営まれているユニークな蕎麦処。
いくつかある名物のひとつ「あげおろし」がそのメニューです。
 
見た目もびっくり、こしのある越前そばの上に、
揚げがなんと1枚まるまる乗っかっています!
さらに、そのお揚げは両面がこんがりと焼き上げられているのです。
 
大変驚きましたが、温かく、見た目よりも軽くてさくさくの揚げと
出汁醬油の掛かった越前名物からみ大根の大根おろし
そして冷たくて味の濃い越前蕎麦との相性が抜群で、
ひと椀ぺろっと、あっという間に食べてしまいました!
揚げに対する価値観が変わった瞬間でした。笑
 
福井県では、油揚げが大変愛されており、味はもちろん種類も豊富です。
どうぐやさんのあげおろしは「うすあげ」というもので、お味噌汁にも入っているような
私たちにも馴染み深い油揚げ。
他に、揚げ浸しに使うような厚揚げに、「中揚げ」というランクも存在するようで…
県民の方に話しを聞くと、とっても情熱的に油揚げについて語ってくださいます。
非常に奥が深いです。

スーパーに行くと、他県よりも明らかにコーナーが広く、町内各店舗の商品がそれぞれ紹介ポップつきで並んでいます。
また、休暇村でも町内自慢のお豆腐屋さんの厚揚げを販売しており、
お客様にもご好評いただいています。
福井に来たら、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか!
町内スーパーや豆腐屋さんの場所など、ご不明な点がございましたらフロントにてお伺いいたします。
ちなみにどうぐやさんに行った翌日の私の夜ごはんがこちら。
完全に影響されて、自分でもあげおろしを作ってしまいました。笑



どうぐや
定休日 金曜日・月一回日曜日
お問い合わせ 0776-82-5659
PAGE TOP