ブログ

2020.11.20

高原の味を求めて...

369 view

スタッフ名:池田和志

画像1
画像2
画像3
朝夜の冷え込みが厳しくなり、
体調管理がますます大切な時期となりましたね。
そんな時は美味しいものをたくさん食べて栄養をつけるのがいちばん!ということで今回は、蒜山名物『ひるぜん焼きそば』についての紹介です。
 
今では蒜山高原のB級グルメとして全国的に知名度のある『ひるぜん焼きそば』ですが、美味しさの秘密はタレにあります。
蒜山高原では昭和30年ごろジンギスカンを食べるブームがあったそうです。その際に各家庭でオリジナルのタレを作っていました。各家庭の味が世代を超えて受け継がれてゆくなか、
そのタレをベースに生まれた焼きそばが、『蒜山焼きそば』といわれています。
 
【ひるぜん焼きそばの定義】
その①「秘伝の特製だれ」 
濃厚な味噌ベースの甘辛ダレ!
その②「親鳥のかしわ肉」 
かめばかむほど味の出る鶏肉!
その③「高原キャベツ」  
蒜山高原はキャベツの一大生産地!  
 
       (蒜山焼きそば好いとんの会)
 
上記の定義のもと、蒜山高原では各店舗のオリジナル蒜山焼きそばを楽しむことができます。
 
休暇村蒜山高原でも隠し味に赤ワインを加えた特製の蒜山焼きそばをランチで提供しております。
 

自分の好みに合うひるぜん焼きそばを見つけに是非蒜山高原へお越し下さい^ - ^
 
 
 

 
PAGE TOP