ブログ

2019.09.24

感じてほしい・・・「最初の一滴」を

2,000 view

スタッフ名:杉村 健太

日本遺産「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅

今から2年前の平成29年、『「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅』が日本遺産に認定されました。
醤油醸造が始まったストーリーとは?
起源は中生代に遡ります—。
野菜を漬け込んでできる「味噌」を作る過程で、染み出した水分をたまたま舐めてみると、とても美味しいことに気づき、この汁を元に現在の醤油が生まれ、産業としての醤油造りが始まったといわれています。

桶の中で醸成され、零れ落ちた最初の一滴は、やがて水面に広がる波紋のように日本中に広まり、今では日本人の食卓には欠かせない存在となっています。
今でも醤油の醸造業で栄えた町並みを歩くと、どこからともなく醤油の香りが漂ってきます。醤油造りの歴史と伝統が、形、香り、味わいとなって人々の暮らしの中に生き続けているのです。



2019年10月、醤油をテーマにした会席が新登場!

日本遺産の認定より2年の時を経て、「湯浅醤油」をテーマにしたランチ限定の会席が休暇村紀州加太に登場します!
湯浅醤油の歴史と伝統を味わっていただきたく、湯浅醤油の老舗【丸新本家】と【休暇村紀州加太】のコラボがついに実現したのです。

こちらの会席で、4種類の醤油とポン酢・金山寺味噌を生かしたお料理をお楽しみください。
画像1
画像2
コース名 醤油発祥の地湯浅町【丸新本家】×【休暇村紀州加太】コラボ企画
「湯浅醤油会席」
提供期間 2019年10月1日(火)~11月30日(土)
料金 4,600円(税込)
※+1,000円で温泉入浴もセットにできます。
提供場所 2Fレストラン「オーシャンダイニング 紀伊の国」
注意事項 ・昼食限定。(営業時間11:30~14:00 13:30L.O.)
・前日までのご予約が必要です。
気になるお品書きはこちら
前菜:鮪生ハムチーズ巻き
   南高梅甘露煮
   鯛カルパッチョ
  (燻ししょうゆジュレ)
造り:鯛・まぐろ・カンパチ
(九曜むらさき・生一本黒豆醤油・金山寺味噌)
鍋物:鯛しゃぶしゃぶ
   (ゆずポン酢)
煮物:休暇村名物「鯛あらだき」
  (樽仕込み)
揚物:鯛の天ぷら
  (樽仕込み出汁)
食事:鯛釜飯
   吸物、香の物
デザート:生一本黒豆醤油クリーム・ミルフィーユ
○●○●本コースで使用するこだわりの醤油○●○●
一.燻ししょうゆ  一滴で風味ががらりと変わる燻製醤油。
一.生一本黒豆醤油 プレミア和歌山に認定商品、濃厚な味わいが特徴。
一.九曜むらさき  醤油の元祖。金山寺味噌たまりを加えた醤油
一.樽仕込み    杉樽で1年以上じっくり醸造。スッキリとした味わい

 
休暇村紀州加太で「湯浅醤油会席」をお召し上がりになり、先人の知恵や工夫、そして職人のこだわりに思いを馳せてみませんか?

「湯浅醤油会席」のご予約はこちらをクリック

MORE

スタッフ

Staff blog

PAGE TOP