観光

2020.01.26

一足早い”春気分”一度は訪れたい『南部梅林』

1,133 view

スタッフ名:鎌田

「一目百万、香り十里」日本一の梅林

まだ冷え込む日が続いておりますが気が付けば和歌山では早くも春の足音が近づいています。
日本一の梅の里と称される「南部梅林」が2月1日(土)~3月1日(日)まで開園します。
南部梅林は「一目百万、香り十里」と称され、日本一の梅林とも呼ばれています。
約10万本もの梅が咲き誇り、開花時期になると山一面が白い梅の花で埋め尽くされる様子は、まさに絶景です。期間中の土曜・日曜、祝日には、よさこいおどりやもち投げ、梅の種飛ばし大会などのイベントが行われます。
甘酸っぱい梅の香りに包まれて、一足早い春の訪れを満喫しに、南部梅林を訪れてみてはいかがでしょうか?
画像1
画像2
画像3
梅の花の下でお弁当・・・ご家族・ご友人と一緒に今年の花見もいいですね♪
園内にある売店では、みなべ町の特産品「南高梅」の梅干しや、梅酒、梅ワインなどが販売されています。
 
画像1

アクセスも良好!特急「くろしお」が南部駅に臨時停車します!

 2月1日、2日、8日、9日、11日、15日、16日、22日、23日、24日に特急「くろしお」5 号が「きのくに線 (紀勢本線)南部駅」に臨時停車します。また南部駅から南部梅林まで臨時路線バスが運行しております。特にイベントがある日などは駐車場が混雑しますので電車と路線バスがおすすめです。

南部梅林の詳細はこちらから

開催期間 2020年2月1日(土)~3月1日(日)
入園料金 大人  300円
小学生 100円
※中学生以上は大人料金となります
お問合せ 梅の里観梅協会(0739-74-3464)
アクセス みなべI.Cより車で約5分
みなべ駅よりバスで約10分
(休暇村より車で約1時間30分)

2月空室ございます。

1月のおすすめは『和歌山冬の味覚・クエ』
画像1
画像2
画像3
天然にこだわった幻の味【天然クエ スタンダードコース】
和歌山の『冬の味覚』といえば『幻の高級魚 クエ』。

天然クエの漁は、一本釣り。だから漁獲量も少なく幻と言われています。
さらに、見た目からは想像もできない程の繊細な味わいは、他では決して味わえない味わいです。
脂ののったゼラチン質の食感はクセになる美味しさ。アンコウや河豚よりも美味しいと評されます。
このプランは『天然クエ鍋』をメインに薄造り・から揚げが付いたコース、〆はクエのエキスが凝縮した雑炊をご堪能ください。
 

おすすめ宿泊プランはこちらから

PAGE TOP