観光

2021.03.03

和歌山市で体験できる、自分だけのオリジナルハーバリウム作り!

412 view

スタッフ名:是松

ハーバリウムとは・・・

ハーバリウムとは、<植物標本>のことを言います。
乾燥させた植物を台紙に貼り付け、研究の為に使用する植物標本ですが、
近年ではインテリアとして、専用のオイルで満たした小瓶の中に、
ドライフラワーを入れ、色鮮やかなまま保管する方法がブーム。

そのため、近年ハーバリウムというと、
この観賞目的で製作された小瓶のものを指します。

生花では季節や環境に大きく左右され、すぐに枯らしてしまうこともありますが、
手入れせずとも、お花を美しい姿で保ち続けることのできるハーバリウムは、
お部屋を彩るインテリアを始め、プレゼントにも人気なのです!

実は、ハーバリウムは自分で作ることができます!

お花屋さんや雑貨屋さんの店頭に並んだハーバリウムを見ると、

「どんなふうに作るんだろう・・・」
「可愛いけど自分にぴったりのお気に入りが見つからない・・・」
「自分で作ってみたいけど難しそう・・・」

と思う方もいらっしゃるのでは?

そんなハーバリウムを和歌山市内で”手軽”に”気軽”に作ることができるんです♪

和歌山の魅力を実際に体験でき、学ぶことのできる、
和歌山市観光協会で紹介している「わかやまあそび。」
その中の『わかやまフルーツハーバリウム・ハーバリウム体験』に参加しました!

和歌山県産ドライフルーツも入れて和歌山らしさもプラス。

自分だけのオリジナルのハーバリウムを作ってみよう!

まずは、好きな形のビンを選びます。そして自分が作りたいハーバリウムの色合いをイメージ。そのイメージに合う花材やドライフルーツを選んでいきます。
次に、ビンの中に花材やドライフルーツをどのように配置するかレイアウトを決めておきます。
ここからが難しい・・・!集中する時間が続きます・・・
長ーいピンセットを使って
花材などを入れていきます。このピンセットの扱い方が難しく、大苦戦。
ピンセットと格闘しながら、ひたすら自分のイメージに合わせ、位置を細かく調節し続けます・・・!
そして専用オイルを入れて完成!
自分の納得いくまで調整出来たら、専用のオイルをゆっくりビールを注ぐような感覚で流し込みます。液体により花がふわっと持ち上がり、色合いもより鮮やかになっていきます。最後はお持ち帰り用に包んでくれます♪
色合いやお花のチョイス、ビンの形によって全く違う作品に仕上がっています。
光の加減で見え方も異なってくるので、見てて見飽きない!
何より、自分で一つずつ考えこだわった作品なので愛着がわきます。

和歌山県産のドライフルーツも使っているので、お土産にもぴったり、
誰かのことを思ってプレゼントにしてもOK
もちろん自分用の癒しインテリアとしても!
 
参加料金 大瓶:4,400円(税込)小瓶:3,500円(税込)
和歌山市観光協会へのメール問い合わせで10%オフ
所要時間 1~2時間
催行人数 2~6名
実施時間 10:00~17:00(最終受付15:00)
実施場所 トーメリーサ・ミラケル 和歌山県和歌山市美園町5-2-2-2
予約受付・申し込み〆 7日前16時
予約問い合わせ 和歌山市観光協会

体験に興味がある&体験したい方は下記ボタンをクリック

ハーバリウム体験の予約はこちら

わかやまフルーツハーバリウム体験の動画も見てね♪

PAGE TOP