ブログ

2017.09.08

鮫についてあれこれ

798 view

スタッフ名:畠山

鮫の話し。
鮫というと気仙沼ではフカヒレが有名ですね。日本では気仙沼の水揚げが最も多く、昔から鮪漁の際に一緒に獲れた物がフカヒレに加工されてきたといいます。
 
水揚げされた鮫はヒレを切り落とし処理された後、乾燥します。
また、鮫の身はさっぱりとした淡白な味で地元では焼いたり食べたり、近年ではナゲットに加工され学校給食でも食べられています。
無駄のない魚として漁師さんに好まれています。
気仙沼の雨が少なく乾いた風が上質なフカヒレを作り上げます。
フカヒレが高価なのはこの加工行程と加工技術が優れている為ともいわれています。
また地元紙では、海岸でシュモクザメの幼魚が吊上げられた生地が取り上げられ、正に気仙沼は鮫の町だけあって鮫の話題は尽きません!
PAGE TOP